元官僚が語るブラック省庁「月3日しか電車で帰れない」サービス残業の闇

「官僚のことを身近に感じることは難しい」そう語るのは“元官僚系YouTuber”としてYouTubeやTwitter上で情報発信を続けるおもちさん(@ex_kanryo_mochi)。おもちさん自身も、もともとは中央省庁に務める国家公務員、いわゆる官僚でした。

 昨今では月に数百時間に及ぶ残業など、その過酷な労働環境を指摘する声も少なからず上がっています。その背景にはどのような問題があるのか。そしてなぜおもちさんが元官僚として情報発信するようになったのか。お話を聞いてきました。

月3、4日しか電車で帰れない激務
――もともと中央省庁に勤めていた。退職のきっかけは何だったのでしょう?

おもち氏(以下、おもち):まず、ポジティブな理由は、民間企業でスキルを高め、社会貢献をする道もあるのではないかと思ったからです。もちろん、組織に腰を据えて30年以上、定年まで勤め上げる方々を否定する訳でなく、むしろ尊敬しています。

続きはこちら
元官僚が語るブラック省庁「月3日しか電車で帰れない」サービス残業の闇【Bizスパ】




年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】