優秀な人は「純粋によく観察する」が、凡人は「期待したもの」しか見ようとしない

私たちの眼は「検索モード」にとらわれている
 
いま、人間の眼は知らず知らずのうちに見えにくくなっています。「見えにくくなっている」と言っても、視力が低下しているという話ではありません。

見る方法に問題が生じているせいで、観察の力が低下しているということです。しかもこれは、特定の集団だけではなく、世界中ほとんどの人々のあいだで起こっています。

背後にある原因のうちでも、最も大きいのはマルチタスクやテクノロジーの影響でしょう。基本的に、ルーティン化した仕事や生活スタイルが続いて先入観が強化されると、人間の注意力は低下し、新しい変化を見過ごしやすくなります。

こうした知覚的盲目(または非注意性盲目)は、マルチタスクによって引き起こされます。ある研究によれば、2つ以上のことを遜色なく処理できる脳を持っているのは、残念ながらわずか2.5%の人でしかありません*。

続きはこちら
優秀な人は「純粋によく観察する」が、凡人は「期待したもの」しか見ようとしない【ダイヤモンドオンライン】




【受講無料!不動産投資55分講座】