今、急増!若手の「出世したくない」症候群

多くの企業でリーダーシップの不在が問題視されています。自らビジョンを示し、未来を切り拓いていくリーダーが生まれてこない、グローバルリーダーが足りないといいます。

 でも、こうした自らの意志で周囲を牽引していく強いリーダーを求めれば求めるほど、社員の不満も不安も募ります。そもそもそんなリーダーが上にいないのに、なぜ自分たちに期待をするのか。そんな強いリーダーになれと言われても、自分がそんなリーダーになれるとも思えない。

 そんな中で、さらに若手、中堅社員の管理職離れが加速しています。「管理職になりたくない」と意思表示する社員が増えているというのです。

 拙著『“誰も管理職になりたくない”時代だからこそ みんなでつなぐリーダーシップ』の中でも紹介しましたが、実際に多くの調査機関が実施したアンケート結果でも、男性の若手・中堅社員では5割前後、女性の若手・中堅社員では8割以上が「管理職になりたくない」と回答しています。

 強いリーダーになることも、管理職になることも、大きな責任と負担を抱えることになる。上に立って周囲を動かしていくといっても、実際には自分の裁量で決められることはあまりない。むしろ組織の論理に振り回され、見返りも保証もなく、成果と責任ばかりを問われ続ける――。こんな現実を見て、若手・中堅社員の管理職離れが進んできているのです。

続きはこちら
若手の「出世したくない」症候群が、ただの責任逃れではない理由【ダイヤモンドオンライン】






10万社以上の中から選抜した弊社だけの体育会・アスリート限定の求人案件