上場企業の「早期・希望退職」募集が急増

2019年に「早期・希望退職」実施した上場企業数は、過去5年間で最多――。企業信用調査の東京商工リサーチ(TSR)が発表した調査結果によると、対象人数は前年の約3倍増と大幅に増え、こちらも最多を記録した。

調査によると、2019年1~12月に早期・希望退職者を募集した上場企業は延べ36社、対象人数は1万1351人。18年には、企業数(12社)、人数(4126人)とも過去20年間で最少を記録。人員のリストラ策に一服感があったが、19年は様相が一変。いずれも約3倍増となった

詳細はこちら
上場企業の「早期・希望退職」募集が急増 リストラ一服した2018年の3倍に!




年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】