ライフライン維持に欠かせない仕事に従事するエッセンシャルワーカーとは

「エッセンシャルワーカー」とは、私たちが生活を営む上で欠かせない仕事に従事している人々のことを指します。医療従事者、公共交通機関の職員、スーパーやドラッグストアの店員、配達員などが挙げられます。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、世界中で外出の自粛やロックダウンが相次いだことが、エッセンシャルワーカーという言葉が注目されるきっかけとなりました。

ライフライン維持に欠かせない仕事に従事するエッセンシャルワーカーとは

医療従事者をはじめ、エッセンシャルワーカーの存在に関心と感謝の思いが高まっている

エッセンシャルワーカーの需要増。人材各社による採用支援の取り組みも2020年4月16日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、それまで7都府県に発令されていた緊急事態宣言が全国に拡大しました。外出自粛や在宅勤務の推奨、店舗への営業時間縮小や休業要請などにより、商店や飲食店は次々と休業し、キャッシュの貯えが少ない企業は厳しい局面にさらされています。

これにより、非正規労働者にも影響がでています。「マッハバイト」の調査によると、アルバイト・パート就業者の7割超が「収入が減った」と回答し、さらに約3割は月5万円以上の減収となっていることがわかりました。

続きはこちら
ライフライン維持に欠かせない仕事に従事するエッセンシャルワーカーとは【日本の人事部】