ヤマダ電機が大塚家具を子会社化した理由、販路拡大だけではない?

昨年12月12日、ヤマダ電機は大塚家具に約43億円を出資して株式の51%を取得し、同社を子会社化すると発表しました。大塚家具は2016年以降、赤字が続いており、売り上げも減少しています。

そうしたなかで、ヤマダ電機が業績不振に陥っている他業種の大塚家具を傘下に入れる狙いはどこにあるのでしょうか。また、大塚家具はヤマダ電機の傘下に入ることで、業績を回復できるのでしょうか。

詳細はこちら
ヤマダ電機が大塚家具を子会社化した理由、販路拡大だけではない?