パイオニア、矢原史朗新社長が就任会見。その経歴は。

パイオニアは1月23日、1月1日付で代表取締役 兼 社長執行役員に就任した矢原史朗氏の就任会見を都内で開催した。同社は2018年12月にベアリング・プライベート・エクイティ・アジア(BPEA)による770億円の出資および現株主からの約250億円での株式買い取りによる「パイオニア再生プラン」を発表。

これは今後の事業運営に必要不可欠な運転資金を確保し、加えてBPEAの経営支援を得ることでパイオニアの安定的な事業継続に対する不安を払拭し、事業運営の安定を実現するための計画で、現在経営再建を目指している。

その中で新社長に就任した矢原氏だが、経歴としてh昭和61年(1986年)に伊藤忠商事に入社して自動車部門に従事したのち、平成10年(1998年)に日本GE、平成16年にGE横河メディカルシステム、平成19年(2007年)にベインキャピタルジャパンに入社。パイオニアには令和元年(2019年)12月に入社している。

会見で経歴を紹介したのち、矢原新社長はパイオニアから入社の話が来たときの率直な感想について述べ、「パイオニアはよく知っているし、自身でオーディオなどを使ったこともあったが、最近はどうなのだろうと。正直あまりフォローしていなかったので早速ググってみたところファンドの傘下になり、ここ数年なかなか大変な状態にあったことが分かりました。

詳細はこちら
パイオニア、矢原史朗新社長が就任会見。「名門日本企業の再建にワクワク感が募った」