バレリーナ、テック起業家になる。在宅フィットネス「ミラー」が映す未来

米国で爆発的にヒットしている鏡型のデバイスを使ったフィットネスサービス「ミラー」。6月にルルレモンが5億ドルで買収し、話題をさらった。わずか2年の急成長をひもとく。

ニューヨークが新型コロナウイルスの感染拡大によりロックダウンに入る直前の3月13日。デジタルフィットネス事業を手がけるスタートアップ「ミラー」の創業者、ブリン・パットナム(36)は、オフィスを閉鎖し、約100人の従業員を帰宅させた。
 
元バレリーナのパットナムは現在、同じく起業家である夫のローウェルとアパートメントにこもっている。夫婦は交代しながら、在宅ワークと育児をこなしている。唯一の息抜きはワークアウトだ。パットナムは自社が開発した、インタラクティブディスプレイになっている大型の鏡を2台自宅に持ち帰り、1台は寝室に、もう1台はゲストルームに置いた。
 
続きはこちら
バレリーナ、テック起業家になる。在宅フィットネス「ミラー」が映す未来【Forbes】




ハイクラス転職サイト「転機」