ソフトバンクやGoogle系列のLoonら12社、成層圏基地局網目指し「HAPSアライアンス」立ち上げ

ソフトバンク傘下のHAPSモバイルと米Alphabet(Googleの親会社)傘下のLoonは2月21日、世界の通信事業者や航空関連事業者など12社による「HAPSアライアンス」立ち上げを発表した。

HAPSアライアンスは、基地局を搭載して成層圏を飛ぶ無人飛行機HAPS(High Altitude Platform Station、高高度擬似衛星)によって、世界中にインターネット通信を届けることを目指す。

HAPSモバイルとLoonは昨年4月に協業を発表。このアライアンスはその長期的な戦略的関係構築の一環として実現した。

2社以外に参加するのは、通信事業者では独Deutsche Telekom、中国China Telecom、スペインTelefonica、インドBharti Airtel、米Intelsat。航空関連事業者では米Airbus、米無人飛行機企業AeroVironmentが参加する。また、フィンランドNokia、スウェーデンEricsson、ソフトバンクも参加する。

詳細はこちら
ソフトバンクやGoogle系列のLoonら12社、成層圏基地局網目指し「HAPSアライアンス」立ち上げ