ジャパンマテリアル、消費喚起のため社員全員に10万円を支給

工場設備のインフラ構築を手がけるジャパンマテリアル(株)(TSR企業コード:500160589、三重県菰野町、東証・名証一部)は、グループ社員約1200人に現金10万円(パート社員は5万円)を支給することを明らかにした。支給日は3月31日。新型コロナウイルスの影響で低迷する、国内や地域の消費喚起が目的だ。
 支給額は同社(グループ会社含む)の正社員、契約社員、嘱託社員が一人10万円、パートタイマーが同5万円で、支給総額は約1億2000万円を計上する。
 
 使途は定めていないが、社員には主に生活用品、食料品、飲食等での利用を呼び掛ける。同社の広報担当は、「コンビニやコーヒーショップなどの利用でもかまわない。ただ、為替取引やギャンブルなどの使用は原則禁止です」とコメント。通販の利用も可能だが、「なるべく地域や近郊の実店舗で利用してもらえるとありがたい」と、あくまでも地域での消費を期待している。

続きはこちら
ジャパンマテリアル、消費喚起のため社員全員に10万円を支給




市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!