ジブチ、海上自衛隊の護衛艦「きりさめ」が、先に派遣された「たかなみ」と交代

中東海域での日本関係船舶の安全確保に向けた情報収集のため派遣された海上自衛隊の護衛艦「きりさめ」が、先に派遣された「たかなみ」と交代し、9日から任務を開始しました。

 護衛艦「きりさめ」は、中東海域での日本関係船舶の安全確保に向けた情報収集のため2月に派遣された「たかなみ」と交代するため、先月10日、佐世保基地を出港しました。

 河野防衛大臣は9日午後3時、中東のオマーン湾で「きりさめ」が「たかなみ」と交代し、活動を開始したことを明らかにしました。

続きはこちら
ジブチの自衛隊員も護衛艦も交代