コロナ有事に問われる国家の品格 参議院議員 宇都隆史(防衛大、元空自幹部)

皆様こんにちは。航空自衛官(防衛大)出身参議院議員の宇都隆史です。この度は、朝雲新聞に紙面をいただき、特別に寄稿させていただきましたことに感謝申し上げます。今回は近年で最大の国難というべき「新型コロナウイルス」について思う所を述べたいと存じます。

責任の所在を曖昧にする中国

 まず、世界中に猛威を振るっている新型コロナウイルスですが、今回の世界的大流行の直接的な原因は、中国政府による「情報隠蔽」と「国際機関に対する政治圧力」だということを決して忘れてはなりません。中国は責任の所在を曖昧(あいまい)にするため、「ウイルスの発生源は中国ではない」との情報を流したり、率先して他国支援をしたりしていますが、保身のためには平気で現行秩序を捻(ね)じ曲げる中国流のやり方を、世界各国は「多数の国民の病死と経済の大損失」という対価を支払う形で学びました。今後、国際社会が中国を見る目は厳しくなっていくでしょうし、二度とこのような惨事を起こさないためにも、対中国戦略を誤るようなことがあってはなりません。

 新型コロナウイルスの発生当初、4月の習近平国家主席の国賓訪日が控えていたために、我が国政府も中国に対する渡航制限や入国禁止措置を躊躇(ちゅうちょ)し、初動対処が遅れたことは大失態と言わざるを得ません。当時の政治判断のプロセスは後々詳細に検証されるべきですし、事態を軽視していた政府(特に厚労省)には猛省を促したいと思います。

続きはこちら
コロナ有事に問われる国家の品格 参議院議員 宇都隆史(防衛大、元空自幹部)【朝雲】




体育会出身者の為の転職エージェント【スポナビキャリア】