コロナうつにならないために 従業員のメンタルケア

新型コロナウイルスは、仕事の“前提”を大きく揺るがした。会社に行くこと、会って話をすることなど、当たり前のようにやっていたことができなくなり、自宅で、相手と会わなくても仕事を進めざるを得なくなった。

 そういった環境にさらされ、急速に広がったのがテレワークだ。急に導入することになり、テレワーク運用の課題が見えた企業もあれば、今後も在宅勤務を拡大する方針を示す企業も出てきた。そんな中で、部署やチームのメンバーの様子が分かりにくくなり、業務のフォローやケアが追い付かないという不安を抱える人も多いだろう。

 メンバーの仕事が進んでいるか不安になってしまう、コミュニケーションが少なくなって何につまずいているのか分からない、自分の仕事の進め方が間違っていないか不安、上司に監視されているような気になる、子どもの世話で仕事に集中できない――など、さまざまな立場で新たな悩みや課題が出ていると考えられる。

続きはこちら
コロナうつにならないために 従業員のメンタルケア、“不安とうまく付き合う”サポートが鍵 (1/3)【#SHIFT】