キオクシアホールディングスが今秋にも上場、時価総額4兆円超

半導体大手のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)は今秋にも上場する計画を固め、主幹事証券に大手証券会社4社を選定した。時価総額4兆円を超える年内最大の新規公開株式になる見通しだ。(ダイヤモンド編集部副編集長 布施太郎)

半導体大手のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)は今秋にも上場する計画を固め、主幹事証券に野村證券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券などを選定した。時価総額は4兆円を超えると想定しており、年内最大の新規公開株式になる見通しだ。複数の関係筋が25日、明らかにした。

続きはこちら
キオクシアホールディングスが今秋にも上場、時価総額4兆円超