エンゲージメント向上施策株式会社アトラエの「wevox」@三井住友銀行

昨今の経営課題の1つとして「従業員エンゲージメント」の向上に取り組む人事部門は多い。従業員の意識調査を短期的なサイクルで実施するパルスサーベイや、従業員同士でインセンティブをやりとりする仕組みなど、中長期的にワークエンゲージメントの向上を支援するサービスは日本でも急速に市場を拡大しつつある。

三井住友銀行は20年2月、エンゲージメント向上の取り組みとして、国内拠点の2万8000人に及ぶ全従業員に対し、株式会社アトラエの「wevox」による月1回のパルスサーベイを実施すると発表して話題を呼んだ。これほど大規模な取り組みをなぜ国内有数のメガバンクが実施するに至ったのか、同社でこのプロジェクトを主導する人事部ダイバーシティ推進室室長の高阪氏(編注:高=はしご高)と、人事部情報統括グループ部長代理の小玉氏に話を伺った。

続きはこちら
2万8000人のエンゲージメント向上施策 三井住友銀行はなぜ「wevox」を利用するのか【Itmedhiaビジネス】