イオングループ、岡田元也社長から、吉田昭夫副社長にバトンタッチとその経歴

流通大手のイオンのトップが23年ぶりに交代することになった。2020年3月1日付で、創業家出身の岡田元也社長(68)から、吉田昭夫副社長(59)にバトンタッチすると、1月10日に千葉市・幕張の本社で両氏が会見して発表した。ネット通販の台頭で流通業界の競争が激化する中、不振の総合スーパー(GMS)事業の立て直しやデジタル化への対応などの課題に、若返りで立ち向かう。

岡田氏は代表権のある会長に就く。「ほとんどのことは吉田社長(に任せる)。私は長期戦略を中心に、さらなるグループ力を発揮できるようにしていきたい」と述べており、強力な院政を敷くわけではないようだが、具体的に、吉田氏とどのように役割分担するのかは、今後の注目点だ。

続きはこちら
イオン岡田家の「これから」 社長交代と消えては浮かぶ「世襲」




ベルテックスの不動産投資セミナー




年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】