なぜ JT “最年少” 社長の寺畠正道氏は社長就任を一度断ったのか?

「できることなら、社長にはなりたくない」――。日本たばこ産業(JT)の寺畠正道社長はずっとそう思っていたという。社長に近いポストに登用され、歴代社長の孤独とつらさをつぶさに見てきたからだ。社長就任の打診も一旦は断ったが2018年にJT最年少の52歳で社長就任。「社長こそ謙虚であるべし」を自らに言い聞かせるのは、世界どこでも謙虚さこそがリーダーに求められる資質と知るからだ。

詳細はこちら
なぜ JT “最年少” 社長の寺畠正道氏は社長就任を一度断ったのか?




高単価案件多数!プロ人材の副業マッチングサービス【プロの副業 マーケティング】