ついに社会問題になりつつある「AI失業」の中身

ホワイトカラーの定型業務を代替する「RPA」の導入企業が急増している。ジャーナリストの溝上憲文氏は「金融・保険業界を中心に導入が進んでおり、その影響で一部では雇い止めも発生している。今後、多くのホワイトカラーが『AI失業』をする恐れがある」という

「AIの進化によって仕事が奪われる」と世界的に話題になったのは、英オックスフォード大学のカール・ベネディクト・フレイとマイケル・A・オズボーンの2人が2013年に出した論文がきっかけだった。

10~20年以内に米国の労働人口の47%がAIなどの機械に代替されるリスクが70%以上と発表し、人々を驚かせた。

今の日本はどこの企業も人手不足であり、AIが自分の仕事にとって代わるのはまだ先の話だと思っている人も多いのではないか。

続きはこちら
ついに社会問題になりつつある「AI失業」の中身




ベルテックスの不動産投資セミナー




年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】