【経歴は?!】パナソニック新社長に楠見雄規氏。津賀社長は会長に!

パナソニックは13日、楠見雄規常務執行役員(55)が2021年6月24日付で社長に昇格する人事を発表した。津賀一宏社長(63)が代表権のない会長に退く。巨額の赤字を受けて社長に就任した津賀氏はプラズマテレビ事業の撤退など構造改革を進めた。新型コロナウイルスの感染拡大で経営環境が見通せない中、経営体制を刷新して成長軌道を確立する。

その経歴は?!
楠見氏は現在、車載関連事業を率いる。テレビ関連事業の構造改革や、トヨタ自動車との車載電池の合弁会社設立などで主導的な役割を果たした。津賀氏は大坪文雄氏の後を継ぎ、12年に社長に就任。プラズマテレビからの撤退を決断したほか、半導体事業の売却などの構造改革を進めた。【杉山雄飛】

詳細はこちら
パナソニック新社長に楠見雄規氏 12年以来の社長交代【毎日新聞】




年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】