【決算報告】ソフトバンク、2019年度は「全事業」で増益達成–業績予想はコロナ影響で微増に

ソフトバンクは5月11日、2020年3月期の決算を発表した。売上高は前年度比4.4%増の4兆8612億円、営業利益は前年度比11.4%増の9117億円と、増収増益の決算となった。

 同日に実施されたオンラインでの決算説明会で、同社代表取締役社長執行役員兼CEOの宮内謙氏は、すべての事業で増益を達成したことが好調な業績につながっていると説明。2019年に連結化した、ヤフーを傘下にもつZホールディングスの連結影響を考慮しない場合、売上高と利益は前年度比でそれぞれ30%、27%の増加になるとしている。

 主力の通信事業に関しては、2019年10月の電気通信事業法改正や消費増税の影響を受け減少している一方、モバイル・ブロードバンドの通信サービスは順調に伸びたとのこと。

続きはこちら
ソフトバンク、2019年度は「全事業」で増益達成–業績予想はコロナ影響で微増に【cinet】