【土屋哲雄の経歴は?】ワークマン急成長の仕掛け人

ピード感を持って期限を守り、上司の依頼にフレキシブルに対応し、大きな目標を達成する。社員全員がそう動いてくれれば理想なのに……と考えるリーダーや経営者も多いと思う。しかし、今注目のワークマン急成長の仕掛け人・土屋哲雄専務は、「厳しすぎる期限や数多くの目標が社員の成長を阻み、社内生産性を低下させるワナだ」と警告する。

アパレルの閉店・撤退が相次ぐ中、「高機能・低価格」という空白の4000億円市場を開拓し、10期連続最高益を達成。国内店舗数でユニクロを抜いたワークマンの異例ともいえる急成長の秘密は、期限なし・ノルマなし・残業なしの「しない経営」にあった。

今回は、ワークマンの経営理論とノウハウが詰め込まれた土屋専務の処女作『ワークマン式「しない経営」――4000億円の空白市場を切り拓いた秘密』の大ブレイクを記念し、頑張らずに社内の生産性を高める秘密を聞いた(聞き手&構成・川代紗生/撮影・疋田千里/編集・寺田庸二)。

土屋哲雄(以下、土屋):2012年にCIO(Chief Information Officer:企業の情報戦略における最高責任者)としてワークマンに入社した後、2年間、「何もしない」時期がありました。

 入社前、商社で働いていた30年間は、常に時間に追われ、興味があるものや流行っているものには片っ端から手をつけるジャングル・ファイターだったのです。

続きはこちら
ワークマン急成長の仕掛け人(土屋哲雄)が6年間、たった1つの目標に集中した理由【ダイヤモンドオンライン】




【受講無料!不動産投資55分講座】