【再就職】定年後も働き続けるために、今できること3つ

公的年金の支給開始年齢が段階的に65歳に繰り下げられることを受けて、企業は希望者全員を65歳まで雇うことを義務づけられました。それを実現するため、定年を廃止した企業や定年年齢を引き上げた企業もありますが、これは約2割にすぎません。約8割の会社は継続雇用制度で対応しています(厚生労働省「令和元年 高年齢者の雇用状況」より)。

60歳で定年を迎えた会社員の約85%は継続雇用制度で働き、残りの約15%は60歳の定年で退職しています(同調査)。現状は、60歳の定年後も同じ会社で働き続けるのが圧倒的ということですね。

定年後も働き続けるために、今やるべきことは3つ!

定年後も働き続けたいと思っている人は、40代・50代から準備を始めておいた方がいいでしょう。では、どんな準備をしたらいい? それは、下記の3つです。

続きはこちら
定年後も働き続けるために、今できること3つ【all about】




正社員未経験者大歓迎! 東京都内で働きたい方ならどなたでも利用できます!