【何を学ぶ?】岡部俊哉(おかべとしや) 元陸上幕僚長の御巣鷹山手記から

1981年に防衛大を卒業し陸上自衛官になった私(岡部俊哉(おかべとしや) 元陸上幕僚長)は、事故のちょうど1年前に、千葉県の習志野駐屯地に所在する第1空挺団に配属されました。普通科群普通科中隊(当時)の小隊長として30名ほどの部下を率いる立場で、階級は2等陸尉。まだ独身で26歳でした。

自衛隊では8月に定期異動があり、12日は駐屯地内の「隊員クラブ」で、転入隊員の歓迎会が開かれていました。私はお酒も飲んだため、駐屯地外に借りていたアパートには戻らず隊舎で寝ることにしました。

その晩、中隊当直幹部として勤務していたのが、作間優一2等陸曹(当時36歳)でした。寝る前に作間2曹から、御巣鷹山に航空機墜落の報告を受けました。第12師団(当時)の担任区域における事故らしく、第1空挺団に災害派遣の準備命令等が発出されていないことを確認し、ひとまず眠りにつきました。

続きはこちら
【特別手記】「御巣鷹山」48時間の地獄絵図【デイリー新潮】