「通信指令」競技会 宮城県警察本部

事件が発生した際の初動捜査の技能向上を図るため、若手警察官を対象にした通信指令競技会が、11月9日、宮城県警察本部で開かれました。

この競技会は、若手警察官の無線でのやり取りや初動捜査の対応能力の向上を図るため、開かれたものです。
競技会は歩行者とバイクとの交通トラブルをきっかけに、歩行者が運転手にナイフで切りつけられる、強盗致傷事件が発生したという設定で行われました。
警察署にいる警察官は現場への指示や管内への手配が的確に行えているか、現場にいる警察官は、関係者から聞き取った内容を適切に報告できているかなどが審査されました。

参加した警察官
「現場の警察官が困らないよう、的確な無線指示を行う点に難しさを感じた」

詳細はこちら
若手警察官が「初動対応」競う 「通信指令」競技会 宮城県警察本部【仙台放送】




体育会出身者の特別な転職【スポナビキャリア】