「変化」を生き抜く企業のあり方、人、組織、そして働き方

このスペシャルセッションでは、2010年に日本人として初めてネスレ日本の社長に就任し、20年3月末に退任するまで数々の変革を成し遂げてきた高岡浩三氏(現ケイ アンド カンパニー社長)と、日系企業の海外現地法人でマネジメントに携わった経験を持つRidgelinezプリンシパルの佐藤浩之氏をスピーカーに迎え、日本企業に必要とされる社内改革や組織のあり方、求められるリーダー像について議論した。

詳細はこちら
DXの本質と必然性を理解し、共有できれば、企業変革は必ず実現できる【ダイヤモンドオンライン】






ハイクラス転職サイト「転機」