「好きを仕事に」と言うけど、何から始めればいいの?
(詳細を見る)

以下は、「大好きなことでお金を稼いで、独立をする方法」から紹介する一文である。


人生100年時代は「好きを仕事にする」ということが大切であることを理解している人は多いだろう。しかし、「じゃあ、何から始めればいいの?」と思う方もいるだろう。そのヒントになることを紹介します。



1.最初から価値を決めつけない

最初から価値を決めつけないことが大切です。本人は「ゴミ」と思っていたことも、他人にとっては「価値あるもの」であったりします。


例えば、そば打ちが大好きな人がいたとしましょう。蕎麦粉をこねたり、細く切って、美味しい蕎麦に仕上げていくのが大好きな人です。だからどんどんそばを作ってしまうのですが、何十人前と作ってしまうので、一人では食べきれません。いわば、できた蕎麦は、その人にとっては「ゴミ」に当たります。


「ああー、好きなことをしていたら、またこんなにもゴミが出ちゃった。どうしよう・・・・」


そんな風にため息をついているかもしれません。ひょっとすると、奥さんから「またそんなにも作って!食べきれないのに、どうすればいいのよ!?」などと、怒られているかもしれません。


そこで、もし「じゃあ、俺、蕎麦が好きだから、もらおうか?」という人が出てきたら、「もう是非もらってください!」と、喜んで渡せるものです。大好きなので自発的に研究をするため、自然と美味しい蕎麦をになるでしょうし、スキルも高まります。


何より、「私もほしい!」という人が出てきたら、どんどん惜しみなく与えることができます。そうしていると、ある日その人は、自分にとっては「ゴミ」だと思っていたものが、人にとっては「価値あるもの」だと気づくのです。


さらに、「自分の出すゴミの価値は、これだ」と決めつけない方が良いのです。多くの場合、自分が思っている価値と、他の人たちが感じている本当の価値とは、食い違っていることが多いものです。


2.自分の価値を見つける

「自分のどのゴミに、どんな価値があるのかわからない」と考える人も多いだろう。それは自分にとっての盲点となっているので、最初は分からないモノです。では、どうすればその価値に気づけるのでしょうか。


結論から言うと、大好きなことをして、そのゴミを分かち合うことを続けていければ、価値は自ずと見えてきます。ゴミを出し続けていれば、そのゴミに喜んでくれる人が必ず出てきます。その人たちからの感想や反応で、次第にははっきりしてくるものです。


例えば、「ひげなどの、ムダ毛を何とかしたい」と思っている人がいるとします。そこでその人は、サロンに通ってひげ脱毛などをして、その体験談や店の情報をブログやホームページに書いて公開していました。


これらの体験談や情報は、趣味を垂れ流す「ゴミ」でしかありません。しかしそうしていると、読者から反響がありました。その中でも、家庭用脱毛器についてのレビューを投稿してくれる人が出てきて、それがよく効くと言うのです。サロンでは何かと高額になるのでしょう、その人はその情報に喜んで、「実際にいろいろな家庭用脱毛器を試してみて、レビューして体験談を公開してゆこう」と思い立ちます。


その瞬間、「自分が趣味でやっていた脱毛の情報は、他の人にとっての価値なんだ」と気づいたのです。というのも、メーカーの提供する情報ではなくて、実際に一人のユーザーが多くの家庭脱毛器を試していて、その生の感想を聞けるのです。


しかも、「こうすればうまくできた」とか、「こうやると、痛いだけだった」といった注意点や、工夫した点なども書かれているのです。これか脱毛器を知りたい人には、価値あるものです。


このように大好きなことをして、そのゴミを分かち合うことを続けていければ、価値は自ずと見えてきます。


3.分かち合う「場」を作る

次に、「あたなにとってのゴミ」を分ち合う場を作ることが必要になります。そこで、何でもいいから、提供する場なり、見せる場なり、展示する場なり、してあげる場なり、そういった「分ち合う場」を作ることが大切になります。


その「場」と言うのは、既に貴方が使っている媒体であったり、親しみのある場になるでしょう。ネットサーフィンが好きなら、ホームページやブログ、ツイッターやフェイスブックなどの、インターネット上で分かち合うこともできるでしょう。


ネットでは表現できないものであれば、最初は自宅に展示して、人を呼んで、そして見せることも可能でしょう。人によっては、職場のデスク周りで表現することもできるかもしれません。もしくは、職場での空きスペースを利用させてもらうこともできるかもしれません。


それは完全無料で、「お好きに持って行ってください」、「お好きに聞いていってください」、「お好きに見ていってください」、「お好きに試して行ってください」といった形になるでしょう。もしくは、「○○○なら無料でしてあげます」といった形になるでしょう。


大切なのは、最初は馬のために大きなお金をかける必要はない、ということです。できた蕎麦を無料で分ち合うのであレバ、豪華な店を持つ必要はありません。価値あるものであれば、普通の家でも人はやってきます。

むしろ、価値が分からない段階では、お金をかけない方が良いでしょう。その方が、純粋に価値を見極めることができるようになります。インターネット上のホームページやブログなら、無料で開設することができます。友人なら、家に呼ぶことも簡単にできるでしょう。価値を見つけるのは、そういう小さいところから始めるので十分なのです。



大好きなことでお金を稼いで、独立をする方法



個人ブランドを生かした「サラリーマン複業」のやり方<br>(詳細を見る)前のページ

強みをキャリアへ生かす自分に合う仕事の選び方<br>(詳細を見る)次のページ

関連記事

  1. 価値創造の思考法

    【転職したい自衛官の思考】幸せを連れてくる鍋

    下記は「価値創造の思考法」からの一部抜粋です。「Mart」とい…

  2. 夢を実現する方法

    「億万長者」になるための方法
    【詳細を見る】

    「億万長者」になる方法を「億万長者 専門学校」から紹介します。…

  3. 夢を実現する方法

    独立起業を目指すITエンジニアのキャリア戦略とは

    ITエンジニアって何?「エンジニア」とは、コンピュータ、航空、自動…

  4. 夢を実現する方法

    元自衛官の実体験から得た転職でステップアップし、安全に起業する方法

    起業によって社会にインパクトを与える起業するということの醍醐味は、…

  5. 夢を実現する方法

    【転職したい自衛官の思考】イメージできるならば必ず実現する

    下記は「夢に日付を! 【新版】 夢をかなえる手帳術」からの抜粋である。…

  6. 夢を実現する方法

    【転職したい自衛官の思考】夢を描くための前提となる二つの価値観

    下記は「夢に日付を! 【新版】 夢をかなえる手帳術」からの抜粋である。…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP