10年後に無くなる仕事・生まれる仕事。あなたの仕事はどっち?
(詳細を見る)

以下は、「10年後の仕事図鑑」から抜粋して紹介します。

AIや技術の発達により、今まで人間がやっていた労働を機械やロボットが肩代わりしてくれる時代が必ずやってくる。例えば、食器洗浄機やロボット掃除機によって、面倒な手仕事は世の中から消えつつある。また、精密機器の製造もすでに人の手を離れた仕事の一つで、部品作りはすでに自動化されている。

人間の労働が機械によって代替される事例が増えるについて、「AIに仕事が奪われる」といった悲観論を最近よく聞く。仕事が無くなる、お金が稼げなくなる、生活不安を感じている人も多いだろう。

10年後に無くなる仕事は社会の変遷を考えれば、これから「無くなる仕事・減る仕事」が見えてくる。不当に給料が高い仕事は機械に代替されるし、逆に低コストな仕事も代えられてしまう。

ただ悲観することはない。10年後に無くなる仕事もあれば、生まれる仕事もある。一番大切なのは時代の変化に対応していくことである。そのヒントを紹介する。



1.10年後に無くなる仕事・減る仕事

10年後に無くなる仕事・減る仕事は大きく分けて、「不当に給料とインセンティブによる資産が高い仕事」と「定型的な仕事のため低コストで、かつ携わっている人が多い仕事」である。


「不当に給料とインセンティブによる資産が高い仕事」の代表例は、経営者である。経営者の仕事は2つ。「組織にビジョンを語ること」と「組織を管理すること」だ。


ビジョンを語り、人間をモチベートすることは「今のところ」AIにはできない。しかし、管理することならAIにもできる。むしろ、これは人間よりもAIが得意とする領域である。これはクラウド型の会社管理ツールに顕著に現れている。


「定型的な仕事のため低コストで、かつ携わっている人が多い仕事」の代表例としては、一般事務全般が挙げられる。どの会社においても必要不可欠な仕事ではあるが、特殊能力がなくてもできる仕事であるため、採用コストも、給料も高いとはいえない。こういったものはクラウド化されやすい。


ただし、日本には、事務仕事をする人材が多くいるため、全体で見れば「事務職」に支払われるコストは大きい。総合的にみてコスト高であるあkら、経営者と同様に、AIに代替される職業の代表格になる。


さらに、10年後に無くなる仕事・減る仕事を以下に記載する。
(1)管理職
(2)秘書
(3)営業職
(4)現場監督
(5)エンジニア
(6)弁護士・会計士・税理士・社労士など
(7)介護職
(8)警備員
(9)教師
(10)倉庫業務
(11)公務員
(12)銀行員
(13)ドライバー (14)編集_校正


2.これから生まれる仕事・伸びる仕事

「これから生まれる仕事」・「伸びる仕事」を以下に紹介する。
(1)個人経営の店
(2)職人
(3)ドローン
(4)ショービズネス
(5)テレプレゼンスロボット
(6)一億総クリエイター時代
(7)予防医療
(8)宇宙開発
(9)AIを操る
(10)音声認識技術


3.自分の「好き」に没頭することが不安を無くす

これからは「労働」をしなくても、遊びを極めることでお金が稼げる。それも、限られた一部の人だけではなく、誰もが「遊び」でお金を稼げるようになる。現代の日本に蔓延している「やりたく」という考え方は大きく変わるだろう。


ブロガーやユーチューバー。ここ数年、ちょっと周囲を見渡しただけでも、以前は存在していな買った仕事を見かける機会は多い。特にネットでは、ユーチューバーが破竹の勢いで若者を中心に市民権を得ていっているのは、ネットを見ていればすぐにわかる。


「新しい仕事」で成功している人達はには、共通点がある。


一つ目は、「作業にハマっていること」だ。自分の感覚を信じて、自分で方法を考えることである。自分で作ったルール、自分で立てたプランだったら、納得感を持ってできるし、やらざるをえない。


つまり、自分でルールを作ることで、ものごとに没頭でき、式になることができる。多くの人は、好きになってから没頭するものだと思いがちだが、現実は違う。他のことを何もかも忘れて、「没頭する」。この境地を経て初めて、「好き」の感情が芽生える。


二つ目は「思いを持って毎日発信すること」だ。やりたいことや、ハマれるものが見つかったら、毎日自発的に思いを発信し続けることが大切だ。「言われたからやる」「ノルマだからしぶしぶこなす」という姿勢で取り組んでいてはダメだ。稚拙でもいいから、読み手に「熱さ」が伝わる必要がある。


以上のように「好きに没頭する」ことがこれからの仕事の不安を無くすものになる。



10年後の仕事図鑑



転職・副業など人生戦略の必要性。100年ライフで何が変わる?<br>(詳細を見る)前のページ

不景気に負けない!激動時代に安定して稼ぐ3つのスキル<br>(詳細を見る)。次のページ

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP