【気になる経歴】北部方面総監 陸将 前田 忠男




■北部方面隊とは
北部方面隊は陸上自衛隊の方面隊の一つである。 北海道全域の防衛警備や災害派遣等を担任しており、方面総監部は札幌駐屯地に置かれている。北部方面隊は、2個師団及び2個旅団を基幹兵力としており、管内には28個の駐屯地、10個の分屯地、4個の地方協力本部が配置されている。


陸上自衛隊唯一の機甲師団である第7師団を傘下に持ち、特に冷戦期は対ソ戦略の最前線部隊として重視され、戦車の北転事業に伴う、本州・九州の戦車部隊からの一部転属、新装備の優先配備などが行なわれ4個師団、人員5万人、戦車600両、火砲400門/両の規模を有していた。
(引用・wikipedia)


■方面隊総監とは
防衛大臣の指揮監督を受け、方面総監部・師団・旅団及び方面直轄部隊・機関の指揮を執る。5個の方面隊が編成されており、担当する警備区域(方面区)の防衛警備や災害派遣等を担任している。


■陸将 前田 忠男の経歴
防衛大学校を卒業後(第31期)、1987年陸上自衛隊入隊。1佐までの職種は普通科。2012年7月26日に陸将補に昇任し、第1空挺団長兼習志野駐屯地司令の経歴を持つ。要望事項は「心常に空挺を離れず」であった。その他の経歴として、2018年8月1日に陸将に昇任し、第7師団長、2020年4月15日から第39代北部方面総監を務める。


■重責を認識」北部方面隊に前田忠男新総監着任【HTBニュース】






海自舞鶴地方総監部の海士長 高山磨推容疑者を大麻所持で逮捕前のページ

【転職の悩み】パワハラが多い自衛隊に悩む自衛官の対処法(詳細を見る)次のページ

関連記事

  1. 公務員の高級幹部

    【気になる経歴】海自横須賀地方総監 海将 酒井良

    海上自衛隊横須賀地方総監部の新しい総監に酒井良海将が着任…

  2. 自衛隊高級幹部

    【どんな経歴?!】防衛装備庁長官官房装備官の空将 尾崎義典

    2019年12月14日、空将補 尾崎義典は空将へ昇任しま…

  3. 公務員の高級幹部

    【気になる経歴?!】第8航空団司令兼築城基地司令 空将補 大嶋善勝

    第8航空団司令兼築城基地司令 空将補 大嶋善勝の経歴を探…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP