強みを活かしたキャリアデザイン転職

あなたの中の「宝の山」を掘り起こせ

効果的なキャリア・ブランディングを行うたまには、入念な準備作業が必要です。その一つが、「キャリアの棚卸し」です。あなたが書類や口頭で「表現」しなければ、あなたのキャリは存在しないも同じです。

そして、「表現」するためには、そもそもあなたの記憶の奥底からキャリアを引っ張り出しておく必要があります。それも、徹底的に。

転職でうまくいかないのは、ほとんどの人の棚卸し作業が「圧倒的に」足りないからです。そして、その理由には大きく3つの種類があります。

一つ目は、「自分にはどうせ大したアピール材料がない」という「諦め」や「割り切り」によるものであります。学歴も職歴も平凡で特別なものは何もないので、とりあえず書けそうなことだけ書いて、あとは応募活動をがんばるしかないと考えている人が多いのです。

ふたつ目はそれとは正反対に、「自分ならそんな語らなくても評価してもらえる」という驕りから、そこそこの準備作業で十分と考えてしまうタイプで、特に大手企業出身に散見されます。

でも、棚卸しの重要性はキャリアの優劣によって何も変わりません。なぜなら、転職活動とは本当の場合、「自分と類似のキャリアのライバルとの競争」だからです。

あなたのキャリアがそれほど優れたものでなかったとすれば、ライバルとの競争に勝つために入念な準備が必要なことは言うまでもないでしょう。

でも、、あなたのキャリアがとても優秀なものだったとしても、あなたの転職で目指すようなポジションは、同じようなジャンルがとても優秀なものだったとしても、あなたが転職で目指すようなポジションは、同じようなジャンルで優秀なキャリアを積んだライバルとの競争になります。

そこではハイレベルな競争があなたを待ち受けており、そこで勝ち抜くためには、やはりライバルよりも入念な準備作業が必要です。したがって、キャリアが優秀であろうとなかろうと、入念な棚卸しの重要性に何ら違いはないのです。

なお、一般的には一流大学や一流企業の出身者がキャリア評価上有利になることは事実ですが、その「ブランド」も無敵ではありません。即戦力を中途採用する際には「学歴」よりも「職歴」 の方が、重要視されますし、「職歴」よりもさらに重要なのは、「職務経験・実績」です。

つまり、「どこで働いた」よりも「どこでどんな働きをしたか」ということがより重要であり、一流企業出身者が常に有利とは限りません。

大きな企業・組織の中でしか経験できないことはたくさんあり、そこで優れた成果を挙げていれば鬼に金棒ですが、優秀な人材がひしめいているが故に、経験領域・レベルが限定される側面もあります。

中小企業は人材も資金も限られるからこそ、幅広い業務を経験できたり、早くから責任のある立場に抜擢されたりすることもあり得ます。たとえ小さな企業・組織でも、そこで頑張って良い仕事をしていれば、評価される材料はたくさん見つけられます。

棚卸し作業が不足する3つの理由は、「何をどのように棚卸しすれば良いのかよくわからない」というものです。長いキャリアを振り返って効率的なアピール材料を拾い上げていくことは、「やり方」を知らないければ難しいものです。

強みを活かす転職戦略の策定

効果的なキャリア・ブランディングを行うための準備作業はふたつ目は、適切な「転職戦略」です。別な表現をすれば「ターゲットを決める」ことであり、「ターゲット」が決まって初めて、自分の強みを活かし、また効果的なアピールをすることが可能になります。

転職市場には、実は様々な領域の求人需要があります。どの領域を目指すのかは本人の自由ですが、どんなに優秀な人でも、間違った領域を選ぶと転職活動の成果は途端に上がらなくなります。

極端な話、経理一筋20年のベテラン経理マンが未経験の営業職に転職しようとしたら、そのキャリア評価はゼロに近くなってしまいます。「そんな人はいないでしょう」と思うかもしれませんが、実際これに近い転職活動をしたいと相談される人はかなりいます。

「未経験で任せてもらえばやれる自信がある」と言う人は少なくないですし、実際にできるかもしれません。でも、採用前にそれを証明することはとても困難です。応募側の「やりたい」「やれる」と、採用側の「採りたい」「任せたい」の間には、果てしない距離があるのです。

また、仮に運よく採用されたとしても、年齢に見合った収入を得ることはほぼ不可能であり、新人に毛の生えたレベルの待遇を覚悟する必要があります。「転職活動が長引いても構わない」「給料が激減しても構わない」と言う人以外は、過去のキャリアから離れ流のではなく、過去のキャリアが最大限活かせる「土俵」で転職活動を行うべきです。

「土俵」の最もわかりやすいカテゴリーは、「業界」および「職種」です。なるべく早期かつ良い条件で転職したいなら、これまでと「同じ業界」「同じ職種」への転職活動を行うのが近道ですが、「業界」と「職種」では、「職種」を買えないことが圧倒的に重要です。

職種によっては業界の違いがさほど問題にならないこともありますが、逆に業界が同じであっても、経験が乏しい別の職種に転職することはかなり困難です。

大別すれば同じカテゴリーの職種であっても、少しの違いでキャリア評価が全く違ってしまうケースもあります。たとえば、同じプログラマーと言う職種でも、必要とされる言語を習得していなければ、採用の可能性は一気に低くなります。

このように「隣接領域」でも転職の成功可能性は大きく減ってしまうのですから、経験領域の中で勝負することがいかに重要かわかるでしょう。

これまでの経験領域で勝負するとしても、同じ領域を専門としているライバルはたくさんいるのですから、当然、その中で競争を勝ち抜かなければなりません。「自分の土俵で戦う」と言うのは転職を成功させるための十分条件ではなく、あくまでも必要条件なのです。

ただ、何回も転職しても複数の業界や職種を経験している人は、可能性のある複数の経験領域に対して並行して応募していくべきか、判断に悩むかもしれません。このテーマは微妙な問題であり、最終的には本人の考え次第ではありますが、原則としては「ターゲット領域はなるべく一つに絞るべき」でしょう。


ブランディング転職術 (「自分」というオンリーワンの商品を高く売ろう!)



関連記事

  1. 【自衛官の転職】パーソナルブランディングとは

  2. 【自衛官の退職】一つの仕事だけど良い時代の終わり

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。