自衛官から自動車業界の整備士への転職

自衛隊は各種自動車を持っています。しかし、自動車の整備士として転職をするのも一つの転職先だと考えます。特に自衛隊にて、自動車整備していた方は即戦力としての採用も十分あると考えます。

市場規模20兆円にも上る自動車業界の現状

市場規模20兆円にも上る自動車業界。これは、自動車販売事業と整備事業の合計です、ほかの交通事業である鉄道やタクシーと比較しても際立っているのがわかります。

特に経済波及効果は50兆円と群を抜いており、また従業員数も90万人と、間違いなく地域産業における重要な役割を担っていると言えるでしょう。

近年の「少子化」や「若者の自動車離れ」という状況を考えれば、減少傾向にあると予測する方も多いでしょう。しかし、実際はその逆で、緩やかな増加傾向にあるのです。

その理由は、都市部を中心に需要増による結果なのかもしれません。いずれにせよ、自動車業界にとって喜ばしい傾向ではあります。

ただし、国道交通省(以下、「国交省」という)が発表している「交通需要推計検討資料」によると、乗用車保有台数は2020年頃から緩やかに減少すると予測されています。

これは乗用車のみの結果ですが、「少子化」という大きなマイナス要因を考慮すれば、乗用車言あ凱の保有台数も今後は少しずつ減少するという予測が妥当でしょう。

技術革新で100年に一度の大転換期が到来

昨今、強敵に進む技術革新により激変しつつある自動車業界。「電気自動車」と「自動運転」がそれdす。この技術が進歩すると自動車の概念を覆すといっても過言ではないかもしれません。

「次世代車」と呼ばれるにふさわしい、それほど大きな変化だといわれています。

(1)各国のメーカーがしのぎを削る電気自動車
まずは電気自動車(EV)について。現在主流となっている自動車には内燃機関(エンジン)が搭載されています。これは、ガソリンを燃焼させた際のエネルギーを使って走行します。

しかしながら、内燃機関には「二酸化炭素発生による温暖化の影響」や「低いエネルギー自給率」などの問題があります。

そこで環境に優しく、経済的にも優れている電気自動車が注目されるようになりました。電気でモーターを動かし走行する電気自動車。ここ数年は一層各国自動車メーカーによる競争が激化していると言われてます。

(2)出遅れを挽回すべく、官民一体で攻勢をかける日本
もともと三菱自動車が世界初の量産電気自動車を発売するなど、数年の自動車メーカーも開発に多額の資金を投じ、日本の技術をしのぐまでに急成長しています。

出遅れ感が否めない日本ですが、自動車の輸出に関しては、年間15兆円を超える 最大品目である上、500万人以上が関連産業に就業しており、まさに日本経済の屋台骨です。

このような背景もあり、2016年に経済産業省は、「2020年に最大で100万台の普及台数を目指す」とし、2030年には新車販売に占める割合20~30%、保有台数16%という数値目標を掲げています。

自動車業界への転職

自動車業界は未経験採用も行っているため、転職しにくい業界ではありません。誰もが知る大手自動車会社でも、中途採用を実施しています。

自動車業界に関連する会社も仕事の種類も非常に多く、求人数は充実しているといっても過言ではありません。中には、未経験でも積極的に採用している会社もあります。

現在の自動車市場は、世界最大市場の中国と2番手の米国で販売が減少しています。自動車メーカーは自動車市場の動向によって業績が左右されるため、なかには中途採用に慎重な姿勢を見せているところも。一方、長期的には自動車市場が復活すると見込み、引き続き中途採用に力を入れている自動車メーカーもあります。

自動車メーカーの中途採用の注力度は各社によって異なりますが、共通しているのは自動運転などの新技術に関わるポジションのニーズが高いこと。自動車メーカー内で新技術に知見があるエンジニアはまだまだ足りていないため、自動車部品メーカーでこうした経験がある方の採用が活発になっています。

特に、画像認識技術や自動走行制御機能など、実際に新技術の開発に携わっていた方は引っ張りだこの状態。メーカーのなかには特定の経験を応募条件として定めず、組み込みやアプリケーション開発の経験がある方を幅広く募っているところもあります。

自動車部品メーカーから自動車メーカーへの転職での注意点は、仕事内容がガラッと変わってしまう可能性があること。他社との共同開発を統括するプロジェクトマネージャーのポジションや、部品の価格交渉を担当するポジションに就けば、実際の開発業務からは離れてしまいます。

自動車メーカーに転職すると年収などの条件面がよくなる可能性は高いですが、自分が転職で条件アップをかなえたいのか、プレイヤーとして現場で手を動かし続けたいのかをきちんと考えたうえで検討するのが大切です。

自衛隊から自動車業界、自衛隊整備士から自動車整備士

自衛隊からは、大型自動車免許、自動車整備士などの免許・資格を有する技能人材が、若年定年または任期満了により、毎年多数退職し、様々な企業に再就職しています。







関連記事

  1. 【自衛官の転職】支援サイトのまとめ

  2. 【40代の自衛官】40歳を過ぎでも転職できる。

  3. 自衛官からコンサルタントへ異業種転職。コンサルティング業界とは

  4. 現役自衛官が転職活動する前に知っておくべき民間の話

  5. 【自衛官歓迎】転職しても経験を活かせる職種の求人!

  6. 【自衛官必見】自衛隊から介護業界への転職

転職前に知っておきたいこと

公務員からの転職術は☆笑まち☆

地方公務員も国家公務員も年々、ますます、大変になってきています。その中で、転職したいと考える人も多いと思います。もしくは、泥臭い人間関係でいきていく中で、疲れている方もいるだろう。

しかし、公務員からの転職は難しいです。特に民間企業では不況や人員整理など流動化が激しい状況です。

そんな状況だからこそ、普通の転職活動ではなかなか難しいのです。「笑まち」は公務員だからこその転職術を提供します。