【中卒・高卒必見】自衛官からの転職実情と未経験歓迎の転職先



学歴社会といわれている現代でも、さまざまな理由から大学には進学せず、高卒のままフリーターの道に進む人もいます。自衛官を辞める方の大半は中卒か高卒であると思います。

今後の将来を考えたときに、少しでも待遇のいい会社に就職したいと思う一方で、高卒だから好条件の会社には就職できない、そもそも就職先がないと諦めている方も少なくありません。

しかし、本当に高卒は中途採用されにくいのでしょうか。

現在の日本、高卒は大卒よりも採用において圧倒的に不利であるといえます。

実際に、高卒は一切採用しないという企業もあるのが現状です。しかし全ての企業が高卒を採用しないわけではありません。
高卒の一番の利点は、大卒よりいち早く社会に出ることで積める、経験とスキルです。持っているスキルや経験の多さから、高卒の自衛官を積極的に採用したいという企業も存在します。





高学歴の人間に仕事で勝つために

日本はやはり学歴社会です。就職活動を経験した人ならご存じの通り、終章には学歴による線引きがあります。基本的には、偏差値の高い大学を出ていなければ「いい会社」に入ることができません。

高学歴で一流企業に勤めているような人間に勝つには、マジョリティのやり方の逆を行き、圧倒的に努力し、実地で仕事の経験を積み、みずからを鍛えていくしか道はありません。就職する段階に置いて一流大学の学生と自分自身とを比較すると、よほどの差別化を図らないかぎりは学歴で「足切り」されることは目に見えています。

採用する側としても、仕事経験のない自衛官を採用するわけですから、「成功する確率の高そうな社会人」を採用する傾向にあリます。高学歴の社会人と同じやり方、同じ目線で転職活動をしても玉砕する確率が高いわけです。

学歴のない自衛官は、あえて王道の逆を行くことも選択肢の一つとして考えるべきです。応募条件は「職業経験二年以上」とあるようなベンチャー企業に、「気合は二年分あります。給料をいらないので修行させてください」というくらい、自分自身を売り込むことが大切です。

ただし、ベンチャーと言えば聞こえはいいですが、要は中小企業。薄給の極みです。それでも、自分の成長を優先させることが大切です。やればやっただけ評価される環境を何より求めるて見るの良いでしょう。

成功には努力と工夫あるのみ!

成功のためには圧倒的に努力する、それしかないのか。しかし、こう書くと「努力すれば成功するなんて、わかりきったことじゃないか」という声も聞こえてきそうです。

「努力できるのも才能」ではありません。よく「努力できるのも才能」という言い方をする人がいますが、それは絶対に間違いです。条件さえ整えば、誰でも圧倒的な努力を積み重ねることは可能なのです。その努力のための条件とは、ただ一つ。

「自分はこういう人間になりたい」という確固たる目標を持つことです。この目標は、自分のための目標でなければなりません。会社や組織のための目標ではいけません。それでは、まわりにいいように終わりでしょう。

そうでなく、「個」としての目標。これが大切です。そして、この目標を一旦肝に据えたら、不要なことはいっさいやらないと覚悟決めること。これだけのことで成功は約束されます。そして、ここが大切なところなのですが、本当に「自分のためになる」と確信できることであれば、人間は放っておいても努力するものです。

逆に言えば、世間の怠け者のほとんどは、目標がない。おそらく、ただそれだけのことで怠けさるを得なくなっているのだと思います。

そして、もし職場や世間に「がつがつ努力するのはカッコ悪い」という空気がある織田とすれば、それは、まずますチャンスです。ちょっと努力すれば、あっという間にまわに差をつけることが可能だということなのです。

ただし、同時に努力ではどうにもならないこともあることも知る必要があります。自分がコントロールできない要素と言えば、端的に言えば「過去」のことでしょう。自分のこれまでの環境、してしまったこと、起こってしまったできごと。これらは、どう努力したって変えようがないのです。

それは「こんな会社に入らなければ・・・・」でも、、「もっと早いうちからはじめていれば・・・」でも同じです。今更そんなことを考えても意味がございません。そんなことでくよくよしているヒマがあったら、少しでもその時間を自分がコントロールできる要素に振り向けて、より良い現実を構築する努力をするべきです。




中卒や高卒でも積極的に採用している業界は以下の通りです。

【IT業界】

ITやWEB業界は学歴不問としている会社が多いです。完全な実力主義で高卒も大卒も関係なく同じ土俵で働ける業界です。

高卒であっても実力次第では、大卒より高い年収も狙えます。従業員の年齢層は若く、20〜30代が働きやすい業界といえます。
また未経験でも採用している会社が多く、手に職をつけたい場合やIT業界に興味があり、学ぶことに抵抗がないのであれば、成長できる大きなチャンスとなるためおすすめです。

※IT業界とは
総務省や経済産業省では、IT業界の次のように分けています。「受託ソフトウェア開発」「組み込みソフトウェア開発」「パッケージソフト開発」「ゲームソフトウェア開発」「情報処理サービス」「情報提供サービス」「市場調査サービス」「その他情報サービス」「インターネットサービス」

一般的には、これらを総称してIT業界と呼んでいますが、一口にIT業界といっても各細分化された業界によって働き方や必要技術は大きく異なります。 「受託ソフトウェア開発」や「情報処理サービス」の2つを合わせて、SIer(エスアイアー/システムインテグレーター)と呼びます。

これらの会社は、非IT企業からIT関連の業務を請け負う事を主な業務としています。 この2つを合わせたSIer業界の市場規模は10兆円程となり、IT業界全体では最も大きな割合を占めています。

我々に馴染みのあるゲーム業界の市場規模5600億円、 インターネット業界2兆7800億円と比較すると、 いかにSIer業界が大きいかがわかります。
(引用:ProEngineer 『IT業界とは』)

★IT業界の平均年収★
厚生労働省の統計を基にIT業界の職種全体の平均値をみてみると、平均年齢38.1歳、平均年収657万円(給与507万円+賞与150万円)となっております。
(厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)

★IT業界の魅力★
IT業界は比較的新しい産業であり、さらに皆さんもご存じのように、現在進行形で新しい技術がどんどん生まれている状況です。

そのため、ITに関連する事業自体、「前例」や「成功モデル」といったものがまだそこまで多いわけではありません。

「ITベンチャー」といわれる勢いある企業もたくさん出てきていますが、変化の激しいIT業界だからこそ、新しい技術を使って、新しい価値を生み出すということをしやすい業界となっています。

★IT転職にプログラミングスキルは必要か?★
「転職するのにプログラミングスキルは必要なのか?」と疑問に思っている人も多いと思います。 結論から言うと「あった方が良い」です。

「必要です」と答えなかった理由は、プログラミングを必要としない職種もあるからですね。とはいえ無知の状態で飛び込むと苦労しますし、同僚から冷たい目で見られることもあります。

なので、やはり「あった方が良い」でしょう。ただし、いきなり独学したりスクールに通うのは色々な面でハードルが高いです。

まずはお金をかけず「あ、プログラミングってこんな感じか」と実感したいはずですよね。そんな軽くやってみるのにオススメなのが、プログラミングスクールの体験期間(無料)を利用することです。




短期間だけど少しお金をかけてもいいかなと思う方は以下がオススメです。




就職してからスキルを身に付けたいという方は以下へ登録するのも選択肢です。



【販売業の営業職】

営業職は、若く勢いのある人材が求められる傾向が強いため、学歴関係なく採用するケースが多いです。また営業職といえば、結果が数字となってはっきり出てくるので、昇進や年収アップも学歴や勤務年数に左右されません。未経験から入った高卒でも、結果さえ出せば昇進できるのです。

営業職に中途採用されるコツは業界を絞りすぎないこと。例えば不動産業界一本に絞ってしまうと選べる会社が減ってしまいます。なんでも売ってやるという気持ちで、広い視野をもって就職活動しましょう。

営業職ってどんな業務?
営業とは、客に自社のサービスや商品、情報の購入を促して契約を取り付ける仕事のことです。営業職に就く人は「営業」「営業マン」「セールスマン(セールスウーマン)」とも呼ばれており、業界や扱う商品によって仕事内容は多岐に渡ります。

「ものを売る」という点で販売職と混同する人もいると思いますが、販売は店舗などで購入意思のある客に対してサポートするのが主な業務。

一方で営業は、購入意思の低い客に対しても商品の利点などを説明して意欲を沸かせ、購入を促すのが主な業務です。

近年はインターネットが普及したことにより、消費者や顧客が商品を比較検討し、ネット購入しやすい環境にあります。それに伴い、Webサイト運営・セミナー・イベントなどで商品に対しいかに意味づけするか、といった営業テクニックが必要になってきました。

自社商品を使うことで顧客が抱える課題をどのように解決できるのか、ということを提示する営業スタイルがよく見られるようです。

しかし、どのような媒体や形態であっても、営業職の基本は「対人」が原則。たとえ、顧客の顔が見えないネット販売であっても、コミュニケーション能力やヒアリング能力、行動力などは営業に必要だといえるでしょう。

営業職の種類
(1)メーカー営業
営業職の種類は勤めている企業の形態によって変わってきます。最初に紹介するのはメーカー営業です。メーカー営業はその名の通りメーカーの営業の事で、自社が開発した商品やサービスなどを直接営業する事を言います。

自社が開発している商品を販売するわけですから、商品知識をしっかり付けておく必要があります。開発元であるという事で、後で紹介する代理店営業や商社営業の方と同行して営業に行く場合もあります。

(2)代理店営業
代理店営業は、他社が開発した商品やサービスを代理で販売する営業です。開発は優れているが営業がいない会社や営業数を増やしたい会社と契約して、代理で商品を紹介してマージンで利益を得ています。

代理で契約先の商品を紹介していくので、契約先の会社に迷惑をかけるような事はしていけません。そのため、人一倍礼儀作法に気を付けて販売していく必要があります。

(3)商社営業
商社営業は基本的には代理店営業と同じで、他社が開発した商品やサービスを販売していきます。代理店営業との違いは商社であるという点です。代理店は基本的には得意なジャンルの商品やサービスの代理店として活躍しています。

しかし、商社営業はいろんな商品を取り扱っています。その点が代理店営業との大きな違いです。多様な商品やサービスを扱うので、幅広い知識と対応力がより求められる営業職といえます。

★営業職に向いている人★
人と接することが好きな人。営業は、仕事の大半の時間を「人」とコミュニケーションをとることに費やします。お客さまにはさまざまな考え方を持っていますから、相手を理解しようとする気持ちが不可欠です。

また、初対面の人とも上手に会話を進めていかなくてはなりません。そのため、人と接することを苦痛に感じてしまうという人よりも、人と話すことで楽しい気持ちになれるような人のほうが向いているといえます。

ただし、決して話上手である必要はありません。営業の仕事で大切なのは、「話す力」よりも「聞く力」だといわれます。商談の場では、まず相手が何を望んでいるのかが理解できなければ、相手の心に響く提案もできないからです。

どれだけ巧みな話術を持っていても、的が外れた提案をしていれば相手をいら立たせてしまうだけです。実際、プレゼンテーションのスキルは、経験を積めば少しずつ上達していくものです。

まずは人を好きになり、相手の話をよく聞き、相手をよく知ろうという姿勢を持てる人に向いている仕事だといえるでしょう。

営業職の興味がある方は以下にご相談ください。



【介護業界】

高齢化社会の日本で、介護業界は慢性的な人手不足の業種です。学歴不問、未経験者OKの求人が多く、狙い目の業界といえます。しかし、注意しなければならないのが、給与の低さが問題となっている業種でもあるということです。給料面を理由に介護職に就く人が少なく、高齢化社会の日本では問題視されています。

国としても将来的に改善してくる可能性があるので、今後に期待して早めに介護業界の経験を積んでおくのもよいでしょう。

★介護職の魅力★
高齢者の介護は、“社会全体で支え合う仕組み”だということ。そして、社会保険方式の介護保険を使って、“高齢者が自由にサービスを選択して利用でき”、“介護職は、高齢者の自立を助ける”ことが重要なのです。

今、骨折して足が不自由で車椅子を使っている。でも、半年先に孫や子供たちと旅行に行きたい!こう願うおばあちゃんがいたら、介護保険では、どう対応するのでしょうか?

まず、介護や看護の専門家は、本人やその家族と相談し合います。そして、その願いの実現に向けてプランを立て、そのためのサービスを提示します。 本人は、それらの中から、自分の受けたいサービスを選択し利用することで、希望や夢をかなえてもらうのです。

たとえば、そのプランはこんな内容です。家にいながらデイサービスを利用し、手芸や歌などを楽しみながら、手先の器用さを養い、肺活量を増やす。理学療法士の指導を受けて、歩行の仕方を学び、訓練する。

今はリハビリパンツをはいているけれど、尿意はちゃんとあるから、訪問介護のヘルパーにトイレに誘導してもらい、歩けるようになったら布の下着に戻し、おしゃれも楽しむ。その間、心身が健康でいられるように、看護師がチェックをし、必要な薬剤を使う――。

そんな中で、その高齢者の一番身近で、きめ細かく支援するのが介護職です。 ですから、高齢者がよくなっていく経緯を間近でみることができる、いっしょに喜べる、気落ちしていたら励ますことができる、そして感謝される。

★介護の資格★
介護職員初任者研修

2013(平成25)年に、ホームヘルパー2級から名称が変わった「介護職員初任者研修」とは、介護についての最低限の知識・技術・考え方を身に付け、基本的な介護業務をマスターできる資格です。介護未経験者が、介護のことを基礎から学べるというメリットがあります。

※資格の特徴 各地方自治体が指定した養成機関が主催している講座を受講し、全課程を修了して筆記試験に合格すると資格を取得できます。

カリキュラムの内容は、「講義」と「演習」で構成されていて、講義では介護の基礎的な知識を学びます。演習では、実技を通して実際の介護技術を修得します。

具体的には、支援が必要な高齢者や体の不自由な障がい者に対して、入浴・食事・着替え・排泄などの介助を行う身体介護や、掃除・洗濯・買い物などの手助けを行う生活援助などです。

介護業界に興味ある方は以下にご相談ください。



【運送業や旅客業】

トラックドライバーやタクシードライバー、バスの運転手などは、学歴関係なく採用していることが多いです。運転に必要な免許を取得し、経験を積めば給料アップも見込めます。また近年では、運転免許を取得しない若者も増えている背景から、ドライバー不足といわれています。

免許を持っている人や運転に興味があり、これから免許を取得しようとしている人におすすめの業界です。

※運送業や旅客業の魅力★
一般のサラリーマンでみると、経験を積んで昇給し、昇格することが一つの魅力であるといえる。一方、専門職でみると、経験を積んで熟練の技となり、尊敬される存在となることが、一つの魅力だといえる。

運送業や旅客業に興味がある方はこちらへご相談ください。



【製造業】

工場作業員も積極的に高卒の中途採用をおこなっています。大手メーカーの工場になると給料面にも期待できるでしょう。

なにを製造している会社かで、作業内容や労働環境は違いますが、体を動かすことが苦でない場合やモノづくりがしたいという人は検討してみてください。

業務内容
仕事の内容は、職種や配属先によって異なります。おやつから飛行機まで、多様なモノをつくってから、私たちの手元に届くまで、各工程にさまざまな職種と仕事があります。

例えば、モノをつくったり、加工したりするための「機械を操作」する人手が必要です。そして、「検品」という作業によって、つくられたモノの品質管理がされています。

他にも、モノを配送する際の「梱包」作業。モノの運搬準備を行うときには「フォークリフト」という車を運転します。もちろん、これら一連の作業において、「製造スタッフを管理」する人が存在します。このように、工場の仕事にはいろいろな種類や役割があるのです。

また、職種やつくるモノによって、仕事を上手にこなすためのポイントは異なります。手作業による、検品や梱包を行う場合は、集中し続ける体力があったほうがスムースに仕事をこなすことができます。機械やクレーンを操作する仕事であれば、安全に配慮した行動を心がけましょう。また、資格や免許を取ることで、就くことができる仕事があります。フォークリフトや生産管理士、QC検定など、資格の種類はたくさんあります。それらの資格の取得が、昇進・昇給の条件となっている場合もあります。

製造業の魅力 製造業には、未経験でもすぐに取り組める仕事が数多く存在しています。こういったチャレンジしやすい環境は、仕事を探す側にとって大きなメリット。さらに時短や土日勤務、あるいはパートタイムなど、ライフスタイルに合わせた勤務時間を選べる職場もあります。

製造業に興味がある方は以下にご相談ください。



最後に体育会系の会社に就職したい方は以下にご相談ください。



企業が体育会系を求めす理由 体育会系出身者は、ひと昔前は「理不尽な命令にも黙って耐える」「上司・会社の言うことをよく聞く」という理由で採用されました。

トップダウンで命令して下が従順に動けば、それで結果が出た。しかし今は違います。現場の社員が自分で考え戦略を練って、自ら動かなければ、結果が出ない時代なのです。そこで企業は、昔とは違った意味で体育会系出身者に注目しはじめたんですね。それはなぜか。

スポーツには「正解」がありません。自分で戦略を立てて練習を重ね、試合に臨み、負けたら原因を分析・検証して改善し、ふたたび試合に臨む。漫然とやっていたのでは勝利も上達もありませんから。

選手たちは考えながら、試行錯誤を通して前進しているんです。 このプロセスはビジネスも同じ。そのまま応用できます。そしてこれこそ、正解を出すことに長けた体育会系ならではの“強み”なんです。

だから私の会社でみなさんに教えているのは、「競技経験をどのように仕事に活かすか」という方法論。自主性と責任感をもってみずから動ける人──それがいま、時代に求められている人材と考えられています。

関連記事

  1. 【40代の自衛官】40歳を過ぎでも転職できる。

  2. 【自衛官必見】自衛隊から介護業界への転職

  3. 【自衛官の転職】支援サイトのまとめ

  4. 自衛官からコンサルタントへ異業種転職。コンサルティング業界とは

  5. 【自衛官歓迎】転職しても経験を活かせる職種の求人!

  6. 【退職前必読】元自衛官が学んだ転職のコツ

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。