〜世界で最も高齢化が進む日本〜日本政府の課題
[詳細はこちら]

日本の高齢者人口は1950年以降増加しており、2020年には約3600万人に達しています。それは人口の約30%にあたり、国民の3.5人に一人が65歳以上となっています。

さらに今後も20年間は、高齢者が増え続けるとされており、2042年には約4000万人にも達し、約2.6人に一人が65歳以上にもなる社会が到来することが予想されている。

その高齢化は様々な課題を社会に招きます。例えば、それに伴う年金資金をどう確保するのか、医療など社会保障費はどうするのかなどの課題が出てきます。

2025年問題というのもあり、医療・介護費用の増加とそれを伴う現役世代の負担が重くなり、今の世代の約1.4倍にもなると言われています。さらには2040年には約1.7倍に膨れ上がるとも言われている。

そのような問題を日本はどのよう乗り越えていくのかが大きな課題となっている。

1.動画サイトから高齢化の課題を知る

動画サイトから高齢化の課題しろう!

【マンガ動画】超高齢社会になるとどうなるのか?全ての若者が直面する問題

[テイコウペンギン]
人手不足なのは某企画だけじゃなく、日本全体の問題みたいだな。ブラック企業に磨きがかかりそうだ…


==============================


【これから若者が背負う未来の負担が重すぎる】世界で最も酷い超高齢化社会に突入する日本の姿

[世相のうっぷん晴らしチャンネル]
生産性✕→労働人口ですすみません。


==============================


【2040年までに】896の自治体が消滅する!? 人口減少時代に地域が生き残る道

[GLOBIS知見録]
「2040年までに896の自治体が消滅する」--増田寛也氏による発表、いわゆる「増田レポート」は、各界を震撼させた。2008年をピークに人口は減少に転じ、日本は本格的な人口減少社会に突入する。その中で、豊かさや利便性を維持していくために、国土や都市計画も大幅な見直しに迫られている。人口急減と東京一極集中を回避し、医療や交通、教育といった生活インフラを守っていくために、どのようなグランドデザインが必要なのか。国や自治体、企業に、どのような打ち手が求められているのか。

2.WEBサイトから日本の課題を知る

【日本の超高齢社会の特徴】
高齢化率が高い国としては、スウェーデン、ドイツ、フランス、イギリス、アメリカ合衆国などが挙げられますが、これらのどの国よりも、日本の高齢化率は高いのです。現在の日本は、世界に先駆け、超高齢社会に突入していることになります。

(引用:健康長寿ネット



==============================


【高齢化社会による問題とは?日本の現状や対策について知ろう】
 少子化が起こる原因は何なのか、少子化によってどのような影響が起こり、どういった対策を行っているのでしょうか。日本で起こる少子化問題について説明します。

(引用:gooddo



==============================


【高齢者向けビジネスってどんなものがある?】
高齢者向けビジネスの分野や選定ポイントなど詳しく解説していきます。フランチャイズで高齢者ビジネスへの参入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。


(引用:フランチャイズ比較.net)



3.本から少子化の課題を知る

【超高齢社会の「困った」を減らす課題解決ビジネスの作り方】
電通で長年シニア向けビジネス開発に携わる著者が、高齢社会の諸問題にビジネスとして取り組むユニークな先行事例を取材。その事業のどこが新しく、なぜうまくいっているのか、他の業界・職種に応用するヒントなども分析して紹介します。

(詳細はこちら


==============================


【成功するシニアビジネスの教科書】
本書の内容は、シニアビジネスの第一人者である筆者が過去15年間に、多くの企業の担当者から寄せられた質問や相談と、実際の事業現場での苦い体験をもとに構成しています。つまり、業務の現場で同じ悩みを持ち、日々悪戦苦闘している人たちの声が、本書の構成と中身に反映されているのです。

(詳細はこちら


==============================


【東大がつくった高齢社会の教科書】
「高齢化最先進国」である日本。この人生100年時代に人生設計をどうするか、社会システムの構築をいかに行うか。健康、就労、お金、介護、年金、テクノロジー、まちづくり…高齢化に関わる基礎知識を学び、安心で活力ある未来をめざすための一冊。ビジネス、行政、NPO、大学、そしてあらゆる個人に必携。「高齢社会検定」公式テキスト。

(詳細はこちら



〜遅れている教育のデジタル化(エドテック導入)〜政府の課題〜<br>[詳細はこちら]前のページ

〜税収入の激減を招く少子化〜日本政府の課題<br>[詳細はこちら]次のページ

関連記事

  1. 9.その他

    (2)伝え方
    詳細はこちら

    夢・やりたいことを実現するには、自分の考えをいたに伝えるのかが重要であ…

  2. 9.その他

    〜老後の生活不安(お金の問題)〜個人の課題
    [詳細はこちら]

    金融審議会の市場ワーキング・グループが2019年に公表した報告書で…

  3. 9.その他

    (3)活躍人を知るススメ
    ~やりたいこと発見~
    活躍人はこちら

    やりたいことの発見方法の一つが「活躍している憧れの人を探す。」である。…

  4. 9.その他

    (5)ビジネス必読の法律
    法律はこちら

    夢・やりたいことを実現するには、最低限おさえておいた方が良い法律がある…

  5. 9.その他

    【まとめサイト】元自衛官の社長や起業家

    【株式会社喜代村代表取締役社長】木村清(元航空自衛官)1952年…

【やりたいことの発見(使命発見)】

1.日本の課題発見


2.注目の事業(ビジネス)


3.憧れの人を見つける(注目のビジネスマン)

【やるきるスキルの取得】

1.ビジネス思考(テクニック)


2.ビジネスツール(サービス)


3.パーソナルブランディングの方法


4.チャレンジする環境の紹介


【やり尽くす強靭メンタル】

  1. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】チラシの教科書〜わかる!できる!売れる!(著者:中山マコト)
  2. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】パーソナルSWOT〜最適なキャリアデザイン〜(島田利広)
  3. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】説明組み立て図鑑〜あたはめるだけですぐ伝わる〜(著者:大塚壮志)
  4. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】アンチサラリーマン戦略〜就職・転職・独立前〜(著者:黒岩卓真)
  5. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】新・パーソナルブランディング(著者:西澤明洋)
PAGE TOP