【公務員からの転職】「決意があるかどうか」これが決めて

公務員が転職など第二の人生を成功させるための戦略を「「戦う自分」をつくる13の成功戦略」の言葉を借りて紹介します。

最高レベルの自分になる3つの約束事

どんな才能の持ち主も、自分を信じられなければ、最高レベルの自分には到達できないのです。「最高の自分」になりたければ、「最高の自分になれる」と確信することです。

1.自分の「可能性」を信じる
可能性とは、「自分の最高の姿」とイコールであります。発明家トーマス・エジソンは、「自分ができるはずのことをすべてし、能力を余すところなく発揮できたら、驚くべき成果をあげるだろう」と言っています。

また、インドのマハトマ・ガンジーも、「実際の行動も、潜在能力を発揮してできることとの差を埋めることさえできれば、世界中の問題はほとんど解決できる」と言っています。ましてや、個人レベルの問題であれば、言うまでもありません。

だが、ほとんどの人は、自分にどんな可能性があるかも知らぬまま終わってしまうのです。作家マーク・トウェインは、天国の門で聖ペテロに相対した男の話について書いています。

男は会った瞬間に、ペテロが賢く、豊富な知識を持っていると悟り、こう尋ねました。「聖ペテロ様、私は戦争の歴史に興味があります。歴史上で一番偉い将軍は誰か教えてください」ペトロは即座に答えました。

「ああ、それは簡単だ。向こうにいるあの男がそうだ」男は困惑顔で、「それは何かの間違いではありませんか。生きていた時のあの男を知っていますが、ただの日雇い労働者でしたよ」と言いました。

ペトロは、「たしかにその通りだ。だが、もし将軍になっていたら、歴史上最も偉大な将軍になっていたはずだ」と答えました。漫画家チャールズ・シュルツは、こんなたとえ話をしてくれました。

「人生は、十速ギア付きの自転車だ。誰にでも使ったことのないギアがある」ギアを使わず、後生大事にとっておく必要などない。額に汗することもなく、ただ生きているだけの人生は意味がない。自分で自分の可能性を制限してしまうことほど無益なことはない。

能力を存分に発揮できるかどうかは、本人の意気込みにかかっています。他人がどう考えようと関係ありません。その人の出自や、それまで信じてきた自分の限界すら関係ない。内に秘めた能力を引き出せるか否かがすべてなのです。

私は、「自分の能力を開花させないことは、人生最大の悲劇だ」と言いたい。自分の能力を開花させるには、まず自分の可能性を信じ、人並み以上の成果をあげる決意をすることが不可欠です。

2.自分の「能力」に自信を持つ
心理学者で、哲学者であるウィリアム・ジェームズは、「人間が失敗する唯一の理由は、自分に自信が持てないことだ」と語っています。自信のある人はそうでない人よりも、より良い職業につき、より良い業績を上げられることが証明されています。

ペンシルベニア大で心理学wお教えるマーチン・セリグマン教授は、大手生命保険会社の営業マンを対象とした調査を行いました。その結果、自分は成功すると予測した人の売り上げは、しなかった人の売り上げより37%も多かったのも明らかになりました。

自信の有無は、子どもの頃から大きく影響します。学校での成績を見た場合、自尊心と成績との相関関係の方が、知能指紋と成績との相関関係よりも強いと主張する研究者もいます。
マーケティングのエキスパートである弁護士ケリー・ランドールは、「成功する人は、他人が何を言おうと、自分の能力に絶対の自信を持っている。」と言います。

そのことが最も顕著なのは、スポーツの世界であります。特に接戦の試合、結果を大きく左右するのは自信の有無だと認めるコーチが多いのです。プロゴルファー、アーノルド・パーマーのオフィスの壁にかかっているモットーを紹介します。

負けたと思った時点で、負けが決まる
挑戦できないと思った時点で、挑戦は終わる
勝ちたいけれど勝てないと思った時点で、勝負がつく
人生という戦いに勝ち抜くのは
強く、早い者とは限らない
最後に勝ち残るのは
勝つという自信を持った者だ

自分の能力に自信を持つ人だけが、能力を存分に発揮できるのです。

3.自分の「使命」に自身を持つ また、自分を最高レベルに高めるためには、自分の「使命」に自信を持つこと。そうすれば、勇気が湧いてきます。成功への意志がどんなに強くとも、いくら使命感に燃えていても、必ず反対する人や批判する人が出てきます。

しかし、どんなに苦しい状況でも、あきらめずに前進できる人がいるのはなぜか。それは、自分の「使命」に自信があるからです。劇作家ニール・サイモンは、こうアドバイスしています。

「「そのやり方はおかしい」という批判に耳を貸すな。それはそうなのかもしれないが、自分のやりたいようにやればいい。「あまりに無謀な計画だ」という人も無視しろ。こんな批判をまともに聞いていたら、ミケランジェロは、システィーナ礼拝堂の床に絵を描くことになり、今頃はすり減って消滅していただろう」

華々しい経歴を持つサイモンの言葉だけに重みがあります。また、使命とは、自分以外の人と関わりのあるテーマであるべきです。誰かのために生きてこそ、人生は価値があります。

公務員から転職をしたい人はぜひ、強い「信念」を持って「使命」を探してみてください。


「戦う自分」をつくる13の成功戦略

【転職したい自衛官の思考】上下ではなく横のパートナーシップ前のページ

【転職したい自衛官の思考】夢は成長するもの次のページ

関連記事

  1. 公務員からの転職成功戦略

    【消防官の経歴】履歴書と職務経歴書の書き方

    現在、又は元で消防官の経歴をどのように履歴書や職務経歴書に書いたら良…

  2. 公務員からの転職成功戦略

    【転職したい公務員】語学力、プレゼンテーションよりも大切なもの

    国際化に向かっているため転職というと、まず語学力と考える公務員は少な…

  3. 公務員からの転職成功戦略

    #公務員も利用#退職代行業者の選び方
    【詳細を見る】

    最近では退職代行を利用する公務員もいるとのことです。しかし、…

  4. 「あなた」という商品を高く売る方法

    転職する人に必要なスキル
    【詳細を見る】

    転職する人に必要なスキルについて「3年後、転職する人、起業する人、会…

  5. 公務員からの転職成功戦略

    公務員から大企業への転職は人脈・法律知識・入札知識が大事!
    【詳細を見る】

    公務員から大企業への転職する場合は、①人脈、②法律知識、③入札知識こ…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP