公務員から大企業への転職は人脈・法律知識・入札知識が大事!
【詳細を見る】

公務員から大企業への転職する場合は、①人脈、②法律知識、③入札知識この3つのいずれかの知識があれば、より転職しやすいと考えます。それはなぜか?いかに記載します。

①公務員から大企業への転職のコツ:人脈力

大企業はやはり社会との繋がりやインフラを提供している会社も多く、その中では、国から事業を受注したり、何かを許可申請を得たり、助成金を得たりと、国や地方と密接に関わってことが非常に重要であります。

その密接に関わる中で、情報力が非常に重要になります。

どこの誰がキーパーソンで、その人にどうアプローチすれば良いのか、戦略を練ることもあります。その戦略を実行する中で、人脈があることは大きな武器になります。

人脈から他社では得られない情報を得たり、キーパーソンが何を重視していたり、どのような仕組みで決定されるのかなど、知っている場合は、大企業にとってもあなたを採用するメリットがあります。

それはなぜ公務員の天下りがなくならないかや、自衛隊であれば、高級幹部を務めた人たちが、三菱重工や川崎重工など、自衛隊の装備品を提供している会社に顧問になっている現状をみても、いかに人脈力が重要かわかると思います。

②公務員から大企業への転職のコツ:法律知識

次に、公務員から大企業への転職する上で、強い武器になるのは法律の知識であろう。

国家公務員であろうと地方公務員であろうと、法律を密接に関わった業務を行っている方は非常に多いだろう。まだ、その分野で長くキャリアを築いてきた人は、業務に関わる法律を自然と熟知しているだろう。

大企業はコンプライアンス重視します。また、事業を広く展開すると自然と色々な法律と関わってきます。許可制の事業であったり、補助金を得る事業であったり、届出をする事業であったりと、それは様々です。

法律は膨大であり、かつ一つの文脈からとっても解釈についても様々であり、法律に長けている人は、企業でも非常に重宝されます。

もしあなたが法律と密接に関わる業務を行ってきたなら、そこに関わる事業を展開している大企業に転職を試みることも良いかもしれません。

③公務員から大企業への転職のコツ:入札知識

さらに公務員から大企業へ転職に有利になるのが入札の知識であろう。その入札知識の少し言葉を変えるのであれば、予算決定の流れに関する知識とも言えるかもしれません。

公共事業を受注する中で、国や地方の予算が、だれによっていつ作成され、誰によっていつ決定をするのか、また、作成するにあたり、どのような情報を得るのかなど、それを熟知していることで、適切なアプローチと情報取集をするが可能になります。

そして、入札はどのように応募を募り、どのように担当者が決定をするのかを知っているか知らないかでは大きく変わリます。

これは私が自衛隊の時の経験であり、民間での活動ではないが、自衛隊の各部隊も防衛省や補給処から予算を獲得する時は予算作成の流れを熟知していると、非常に効果的であったことを覚えています。

各担当者も扱っている案件が膨大であり、何をどう優先順位をつけて良いのかわからなく、また、提出された紙を見てその事業を判断しなければなりません。

その中で、予算作成の時に、挨拶にいって、事業の説明をすることによって、担当者の理解が深まり、優先順位が上がったりもします。やはり担当者も説明できなければ、稟議を提出することも出来ません。

このように入札についても適時適切なアプローチをすることで、うまくいくこともあるのです。

以上、公務員から大企業に転職をするコツを紹介するが、さらに一つ付け加えさせて頂くと、人間関係構築力についても採用面接などではアピールすることが大切です。

企業も大きくなればなるほど、セクショナリズムが強くなり、他部門とのコミュニケーションが欠かせなくなります。その中で、効率的に行えるか行えないかは、公務員の方であれば、実体験を持って、行えることを伝えることができると思います。

ぜひ、大企業への転職を希望している方は参考にして見てください。


『年収700万~2,000万円のハイクラス転職【Samurai Job】』


関連記事

  1. 【公務員からの転職のコツ】自分を大きくして乗り越える。

  2. 【消防官の経歴】履歴書と職務経歴書の書き方

  3. なぜ企業は退職自衛官を採用するのか。メリットを分析し、あなたの転職活動…

  4. 【公務員からの転職】30代、40代で磨く国には頼れない世界で生き抜く技…

  5. #公務員も利用#退職代行業者の選び方
    【詳細を見る】

  6. 【公務員からの転職】「決意があるかどうか」これが決めて

【ABOUT】

人生充実のヒント

公務員からの転職術は☆笑まち☆

地方公務員も国家公務員も年々、ますます、大変になってきています。その中で、転職したいと考える人も多いと思います。もしくは、泥臭い人間関係でいきていく中で、疲れている方もいるだろう。

しかし、公務員からの転職は難しいです。特に民間企業では不況や人員整理など流動化が激しい状況です。

そんな状況だからこそ、普通の転職活動ではなかなか難しいのです。「笑まち」は公務員だからこその転職術を提供します。

【公務員からの転職術】
1.転職エージェントや大手求人サイトに頼り過ぎるな

2.掘り出し求人をいかに見つけるか

3.自分が接したことのあるサービスを提供している会社を選べ

人生充実のヒント