激務過ぎて過労でうつ病になった公務員、復職か転職あなたはどっちにしますか?(詳細を見る)

公務員は安定、安定と言われながら、年々仕事量は増えていて、決して安定とは言えないと考えていないですか。特に、現在は、コロナウィルスの環境で対応でさらに負荷が高まっていないでしょうか。


特に国会対策に関わる人、保健所に関わる人、医療関係に関わる人は正直休む暇がなく、体調が大丈夫か心配になります。ちなみに公務員でうつ病になるケースとしては以下になります。


①仕事の手を抜くことのできない人
②責任感や当事者意識が強い人
③人から嫌われるのが嫌いな人



上記に該当する人は、仕事が段々増えてしまい、激務になりパンクしてしまいます。その後、休職していきます。その後、復職するのか転職するのか悩む方が多いと思います。

実際のところ、復職が良いのか転職の方が良いのか判断に悩む人に以下を紹介します



1.復職しても休職を繰り返す人は実は多い


はじめてうつ病を経験した患者さんのうち、約半数はうつ病を再発するともいわれています。そして、2回目、3回目と再発を繰り返すうちに、うつ病の再発の可能性は高くなっていきます。また、不十分な治療では、そのあとの再発の可能性が高くなるともいわれています。

また、公務員は仕事が増えることはあっても減ることはございません。段々と仕事量が増え、結局またパンクしてしまい、休職を繰り返す人もいます。


また、中には腫れ物扱いにされ、職場にいずらい状況にもなってしまい、それもそれで精神的に追い込みうつ病が再発する人もいます。


2.うつ病治療後の転職について

うつ病を抱えながら転職、または再就職する場合、大切なのは焦らないことです。「焦りは禁物」という言葉がありますが、うつ病はまさにそれが当てはまります。当然ながら、うつ病の症状が安定しないまま転職しても、次の職場でも成功することは難しいでしょう。現時点で症状が軽くなっていたり、寛解していたりしても、また仕事を始めれば再発して、休職や離職のリスクは高くなる可能性があります。


  うつ病は約6割の人に再発する病気ということを覚えておきましょう。焦って転職・再就職をし、せっかく就職できてもまた悪化して離職する。このような負のスパイラルに陥ると、返って心身ともに辛い状態が続き、長期的に見れば経済的にも損することになりかねません。


うつ病を抱えたまま働く、または寛解した状態で働く場合も、悪化したり再発しやすいような、多人数と共同したり、接客の多いような仕事は向いているとはいえません。責任やストレスの大きい仕事も避けるのがよいでしょう。


  一般的に、うつ病の人に向いている仕事としては、清掃作業、工場や倉庫等での商品・在庫管理などのいわゆる軽作業、事務職など少人数や個人でできる仕事などが挙げられます。インターネット環境の充実に伴い、増えてきた各種在宅ワークも向いていると言えるでしょう。ウェブ記事のライター、ウェブデザイナー、パソコンでの入力作業、また内職的な軽作業など多岐にわたります。在宅ワークは個人で請け負うため、働く時間や量を自分で裁量できる面でもうつ病に向いている仕事といえるでしょう。

3.うつ症状専門の就労支援サービス

大手障害者向け人材サービス「atGP」のゼネラルパートナーズがうつ症状を持った人を専門とする就労移行支援を行っています。専門特化しているから、うつ症状の特性や課題に合った支援が他の就労移行支援よりも充実しています。

①シゴトライの特徴・他の就労移行支援サービスとの違い
* うつ症状の人に対応したトレーニングやカウンセリングに特化している
* 模擬就労が充実している
* 自社で持っている障害者向けの求人情報が多い


シゴトライはうつ症状の方を専門としているため、トレーニングの内容や支援員の知識もうつ症状の方向けに特化しています。 不安や気持ちの落ち込みのある方に向けたストレスマネジメントやコミュニケーションの研修が充実しているのがシゴトライ独自の取り組んでいます。


②シゴトライが選ばれる理由
a.企業ネットワーク
障がい者の就職支援実績No.1のゼネラルパートナーズならではの企業ネットワークがあります。精神障がいに理解のある企業とのご縁を様々な方法で創出しています。

b.うつ症状のある方専門
不安や気持ちの落ち込みがある方に向けたストレスマネジメントやコミュニケーション等の研修が充実。同じ悩みを持ちながらも就職を目指す仲間にも出会えます。

c.実践的なスキルアップ研修
オフィスワークで就職するための実践的なスキルを習得できます。オフィスを想定した環境により、入社後を見据えた就職準備ができます。


うつ病になって公務員の職場に復職するのも一つだと思います。しかし、やはり周りからの支援は欠かせません。ゼネラルパートナーズなら、うつ病からの転職実績も多いので一度、どこに相談するのも良いかと思います。それから復職するの、転職するのかを考えてみてください。ちなみに↓は無料です。



職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】



【自衛官の退職】辞めたいなら戦略的に人生を考えろ!前のページ

会社員出身の「サイバー犯罪捜査官」。蒲原聡史警部補の気になる経歴。次のページ

関連記事

  1. 障害者の転職

    【障害者の自衛隊転職】就職活動において知っておくべき事項や雇用の探し方

    障害者雇用と一般雇用の違い障害者の肩が働く方法の一つとして、障害者…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP