【ストレス解消方法】不眠や疲れ目に菊(キク)【詳細を見る】

菊は普通、野山に咲く野菊から観賞用のものまで含めたキク科の多年草を総称していいます。

もともとは薬用として渡米しました。「神農本草経」によりが、「血や気のめぐりをよくし、 身の動きを軽くする」とあります。

薬になるのは花。霜の降りる前に頭花を採取して陰干しにした生薬を「菊花(きくか)」と呼び、これをぜんじて風邪の発熱やめまい、耳鳴りなどの治療に使いつかいました。

薬用にする花は苦味の少ないものを選びます。新鮮で芳香のあるものが良いです。主な成分はボルネオールなどの精油とアデニン、コリン、ベタインなど。キクの芳香は精油分で鎮静作用があり、コリンは脳の記憶京成を助ける働きがあります。

菊の香をかぐとリラックス効果があるのも、これらの成分がもたらすものです。ほかにアミノ酸やビタミンも含んでいます。

食用菊の効用も広いです。まずは春菊。鍋料理では脇役だが、栄養価では主役を食うほどであります。ビタミンAは緑黄色野菜の中でもトップクラスであり、B2も豊富です。鉄、カルシウム、カリウムなどのみねる成分にも恵まれているから貧血や血圧の安定にも良い。

菊枕という物もあります。香りの良い菊の花を摘み、陰干しにして枕に詰めたものです。菊の香がほのかに匂い、頭痛や目の疲れに効きます。

寝つきの悪い人も試す価値があります。
(引用:「食べるくすりの事典 台所は家庭の薬箱」)



【転職術】自分の長所や強みに気づく方法【詳細を見る】前のページ

パワハラでうつ病になりやすい人には特徴がある?!【詳細を見る】次のページ

関連記事

  1. 05.ストレスマネジメンの方法

    【ストレス解消】疲れや倦怠感を防ぐ食べ物

    ストレス社会を生きていく中で、ストレスを解消したり、軽減したりしてい…

  2. 05.ストレスマネジメンの方法

    ストレスとの上手な付き合い方は?
    【詳細を見る】

    ストレスとの上手な付き合い方について、「本当にわかる心理学」から紹介…

  3. 05.ストレスマネジメンの方法

    『過労死やうつ病の予防』あなたを守れるのはあなただけ
    【詳細を見る】

    以下は、「職場のしんどいが消える大全」からの一部を紹介しております。…

  4. 05.ストレスマネジメンの方法

    ストレスの3つの根本原因を押さえて不安とイライラを解消【詳細を見る】

    ストレスがなかなか解消されない、減らないと感じることがないでしょうか…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP