実は難しくない起業アイデアの見つけ方
(詳細を見る)

以下は、「まずは1人で年1000万円稼ぐ! 個人事業のはじめ方 (アスカビジネス)」から一文を紹介します。


何で商売をするのか。どんなことで起業するのか。


その答えは、「どんなビジネスをするかよりも誰とつながりたいか」にあります。


ビジネスの基本は企業が顧客に商品やサービスを提供し、その対価としてお金をもらうことです。顧客がお金を払っているのは商品やサービスにではなくて、商品やサービスがもたらしてくれる価値に期待をしてお金を払っているのです。


例えば、「まずは1人で年1000万円稼ぐ! 個人事業のはじめ方 (アスカビジネス)」であれば、起業の準備が前に進む、会社員ではできなかった仕事ができるようになる、といったような期待です。そういった期待を顧客が信用した時に、初めて顧客はリスクを取ってお金を払ってくれます。


この本の場合ならば、書店に並んでいるだけで、しっかりした情報があるのではないかと信用されている和kです。ビジネスはここまでの関係性で成立するのですが、起業する場合にはもう一つ、「顧客からの承認」という大事なキーワードがあります。


「顧客からの承認」というのは、顧客からの精神報酬になります。


顧客は「お金」という企業が生きていく上で大事な要素を与えてくれますが、「承認」と言うもう一つ大事な要素ももたらしてくれます。この「承認」が起業に活力を与え、前に進めてくれるので、以下にして得ていくのかということが、起業においての大事なポイントになります。


ところが、実際の起業は、顧客からの「承認」をもらえそうになりビジネうをしようとしたり、わざわざ自分が苦手な人にビジネスをしようとするケースが多いのです。それが結果として疲れてしまい、ビジネスを辞めるきっかけになります。


起業におけるメリットとは、人間関係を選ぶ自由があり、顧客を選ぶことができるからこそ、自分がやりたい人とだけ仕事を行えばいいのです、こういったことを言うと「商売はそんなに甘くない」というような声が聞こえてきそうですが、そもそも起業しと思ったのでしょうか。


もし耐え忍び苦労してビジネスをしたいのであれば、安定した給料を保障してくれる会社員でいた方がよほど楽なのです。起業にはリスクがつきまとうので、大変な思いをして、ストレスを抱えてまでやることではありません。


誰とビシネスをしたいのか


それがビジネスアイデアを考える上でのファーストステップになります。自分が関係を持ちたい人だけビジネスを行っていると、やる気が起きてきますし、ビジネスが楽しくなってきます。


ビジネスアイデアを考える時に、「どんなビジネスをするか」よりも「誰と」を常に先に考えてみてください。



まずは1人で年1000万円稼ぐ! 個人事業のはじめ方 (アスカビジネス)



24時間稼働するあなたの営業マン。パーソナルウェブサイト。<br>(詳細を見る)前のページ

会社に捨てられるくらいなら「稼げる自分」になるしかない<br>(詳細を見る)次のページ

関連記事

  1. 起業するための思考

    【自衛官の起業思考】良い商品を作るために、商品のことは考えない

    自衛官から起業家になるための思考を「リクルート「創刊男」の大ヒット発…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP