【必見】幹部自衛官がうつ病になって退職する前に読む本

幹部自衛官の仕事は非常に激務であリます。特に防衛大学校卒や一般大を経て一般幹部候補生となり、幹部に任官した幹部は精神的ストレスによりうつ病に陥る人も少なくありません。 うつ病になり、退職するという事態を防止するために、ストレスを知り、ストレスマネジメントに取り組みことが重要であります。

【メンタルヘルスケアの意義】

心の病を発症した場合、作業効率を低下したり、長期休業が必要になったりすることがあります。その結果、周囲の負担が増え、全体の成果が落ちたりします。したがって、メンタルヘルスケアは個人の問題だけ出なく、組織全体での取り組みが必要になります。 メンタルヘルス対策を組織ぐるみで効果的に行うことにより、職場の活性化や効率上が期待できます。また、管理監督者の働きかけにより、チームの改善、業務分担・流れの調整、労働者個々への配慮等により、ストレスを軽減できます。

【ストレッサーとストレス反応】

個人にとって、心理的あるいは身体的負担となるような出来事や要請をストレッサーと言います(ストレス要因、ストレス負荷、ストレス原因ともいう)。ストレッサーは、大きく分けて次の4種類があります。

①物理的ストレッサー(騒音、高音など)
②化学的ストレッサー(化学物質による刺激など)
③生物的ストレッサー(細菌、花粉など)
④心理社会的ストレッサー(人間関係など)


これらのストレッサーによって引き起こされた心理的反応、身体的反応および行動反応を、ストレス反応(またはストレス状態)といいます。ストレッサーとストレス反応をまとめて、ストレスと総称しています。

【うつ状態・うつ病が発症するプロセス】

身体症状が現れる(倦怠感や不眠など)
       ↓
精神症状が現れる(イライラ、不安、怒りなど)
       ↓
社会的活動性が低下する(人に会いたくない、仕事に行きたくない)
       ↓
うつ状態・うつ病になり、抑うつ症状などが現れる

【ストレス対処を理解する】

日々のストレスに対処するために私たちがとる行動のことを、コーピングといいます。コーピングを行うことで、ストレス反応の発生を抑えたり、スレッサー(ストレスの原因)を取り除いたりする働きを高めます。 コーピングには、その目的によって内容や方法が変わります。大きく分けて、ストレッサーそのものをにアプローチする方法(問題焦点型コーピング)とストレス反応にアプローチする方法(情動焦点型コーピング)があります。 問題焦点型コーピングは、課題の解決に直接効果があることからより好ましいコーピングと言われますが、どうしても解決できない課題である場合は情動焦点型コーピングを取り入れるほうが現実的です。 ストレスの状況によって、2種のストレスコーピングをうまく使い分けることが必要となります。また、コーピングスキルは、ストレスやメンタルヘルスへの関心度に応じた方法で対応することが望ましいのです。 このようなストレスやその対象を知るには下記の本がお勧めです。

安全衛生教科書 メンタルヘルス・マネジメント(R)検定II種・III種 テキスト&問題集 第2版


また、幹部自衛官であればメンタルヘルスを維持する上では下記の本もお勧めです。

防衛大式 最強のメンタル


下記の本はスラスラ読めます。

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法



関連記事

  1. 【転職したい自衛官の思考】転職活動で最も大切なこと

  2. 【自衛官が転職するための思考】「頭」で食べる時代

  3. 自衛隊の中途退職を円滑に進める方法

  4. 【自衛官の経歴】履歴書と職務経歴書の書き方

  5. 【公務員からの転職】履歴書と職務経歴書の書き方

  6. 【自衛官が転職するための思考】1センチの開きが人に差をつける

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。