【注目】幹部自衛官の一度は登録すべき求人サイトと転職先

転職したい自衛官にぜひチャレンジして欲しい転職先や求人は、「戦略コンサルタント」と「ハイクラス求人です。その戦略コンサルタントとは何か、またハイクラス求人とは何かを紹介します。

1.コンサルタントとは

近年さまざまな場面で、”コンサルティング”や”コンサルタント”という言葉がつかわれています。一般的に「企業の様々な経営上の課題を明らかにし、解決する助言をする」職業と説明されていますが、簡単に言えば「クライアントをいかに儲けさせるか」ということに尽きます。

”コンサルティング営業”もコンサルティングと言えますが、”経営コンサルティング”との違いは、営業のコンサルティングは”商品を売るための付随サービス”であり経営コンサルティングは”コンサルティングが商品そのもの”という点です。

コンサルティング営業の場合、自社で扱っている商品ないしはサービスを買ってもらうために、コンサルティングを行います。
(引用:人材紹介会社ムービンホームページ)

2.戦略コンサルタントとは

戦略コンサルタントは、手掛けるコンサルティングテーマの幅も広がり、オペレーション業務改善、新規事業立案、M&A戦略などのテーマから、企業の「戦略策定」だけではなく、その描いた戦略を実現するために実行の部分までお手伝いするコンサルティングサービスを提供しています。

転職市場においては、中途採用は戦略コンサルティングファーム各社積極採用中であり、平年に比べてかなりチャンスは広がっています。
(引用:人材紹介会社ムービンホームページ)

(1)戦略コンサルタントのやりがい

①上流領域・視点で業務経験を積める
②経営課題を解決する達成感を得られる
③ハイレベルな人材と共に働ける


戦略コンサルタントは会社の経営層がクライアントであり、経営視点に立って業務を進めます。企業経営を左右する課題解決に取り組め、また論理的思考力や発想力を駆使してコンサルティングを提供するため、一つの案件で高度な経験を積むことができる魅力的な仕事です。また、クライアントと一丸となって経営課題を解決できた際には、大きな達成感を得られる仕事です。

また、戦略コンサルタントはプロジェクトの内容にあわせてチームを組むので、各分野のスペシャリストや案件ごとに異なるハイレベルな人材と組んで仕事をすることができます。そうした刺激を受ける環境で成長できることに対して、やりがいを感じる人もいます。
(引用:typeホームページ)

(2)戦略コンサルタントに必要な能力

①スケジューリングし、実行する力
特に新人のうちにありがちなことは、上司から「これやっといてねー」と仕事をいきなり振られ、放置されることです。ありがちというか、日常茶飯事のようですが。

このようなときに大切なことは、「ゴール設定」「タスクレベルにブレークダウン(分解)」「納期の決定」の三つです。

あまりデータがなくても自分なりに仮説を立ててゴール設定をし、それを実行レベルまで細かく落とし、最終的な納期を決めて仕事を進めていかなければなりません。これをしっかり決めて仕事ができると、上司から信頼を置かれます。

②共感を生む魅力的な人柄
なんだかんだ言っても人柄が非常に重要になってきます。


コンサルティングファームにおいては、「人が資産」ですし、コンサルティング業務と言うのは結局のところクライアントへの「客商売」です。人当たりの良さなども重要な性質の一つでしょう。

コンサルの仕事は忙しいときがほとんどなので、一緒に働いていて楽しい人が求められたりします。いくら頭が切れても、いつもイライラしていて文句ばっか言ってたり、チームメンバーやクライアントを批判しまくる人はやはり嫌われてしまいます。

嫌われると協力が得られなくなって成果も出ません。これは幹部自衛官も同じだと思います。

(3)戦略コンサルタントに向いている人

コンサルに向いている人の特徴を5つ整理します。向いていない人はこれがない人だと思えばよいでしょう。

①人間的魅力・チャーム
コンサルタントというとドライなロジカルモンスターのように想像される方もいらっしゃるかも知れませんが、実際に活躍している上位職種のコンサルタントは人間的なチャームであふれる人が多いです。愛嬌のない人に人は動かせません。

②肉体的・知的体力
クライアントワークである以上、必然的にコンサルはハードです。翌日にプレゼンテーションがあれば午前4時でも5時でもやり続けます。眠いから、辛いからと言って休むなどありえません。命ある限りアウトプットの質を高めるために戦い続けます。

夜行便で帰国、飛行機の中でも徹夜しオフィスに戻り夜通し作業なんて時もありました涙。このような強靭な肉体が求められること常にあるわけではありませんが、コンサルタントをしていれば必ず発生します。これがストレスでやめる人も多いです。

加えて、肉体的な体力だけでなく、知的体力も同時に求めれられます。筋力を求められるわけではなく24時間ぶっ通しで頭を稼働し続けることが求められます。ときには起きてはられるが考えるのが嫌になることもあります。こういった瞬発力と同時に持続力もあるブレインパワーが求められます。

3.戦略コンサルタントの年収

1.コンサルタントとは

アナリスト:500~800万円
コンサルタント:900~1300万円
マネージャー:1400~2000万円
プリンシパル:1700~2500万円
パートナー:2500万円以上

4.幹部自衛官も自衛隊の中の戦略コンサルタント

幹部自衛官は自衛隊の中では参謀として勤務することが多いと思います。参謀とは、「人を支えてあれこれ策略を立てる人」という意味です。

参謀の役割は、
①トップの意思決定の精度を上げるための、事業方針に関する現状分析と起案
②市場や社内の実態についての情報が経営層にまで適切に共有されるとともに、経営の意思を各部署に展開するための指示・報告系統が正しく機能し、さらに各部署が自律的に判断して動ける状態をつくり上げる
③課題の優先順位付けと課題プロジェクトへの対応

これはまさに戦略コンサルタントと同じ役割になります。

したがって、幹部自衛官の一度は登録すべき求人サイトと転職先は以下のサイトになます。


憧れの戦略コンサルキャリアへ



次に、幹部自衛官が転職を考えた時に登録すべき求人サイトは、ハイクラス求人を紹介している転職サービスになります。

1.ハイクラス求人とは

最近ネットの広告でもハイクラスの転職、エグゼクティブ向けの転職なんていう文言をよく見かけます。年収1000万円の求人多数なんて言葉もあって、ちょっと心が動くという人も多いのではないでしょうか。

ハイクラスの求人とは基本的に年収が高い求人のことを指します。高年収で転職するとなると、役員や管理職として転職する、大企業や外資系に転職するということが多くなりますから、ハイクラス向け転職エージェントサービスが扱っている求人はこういったものが多くなっています。

ではハイクラス転職と位置付けられるのはどれくらいの年収からとなるのでしょうか。

一般的には年収750万円から800万円以上の求人がハイクラス転職として位置づけられることが多いようです。日本のサラリーマンの平均年収は420万円。正社員の男性で限定した場合でも511万円。年収800万円はかなり高いほうで、それ以上の全労働者のうちたった7%しかいません。

ただ20代の場合はもう少し低めで年収600万円からもハイクラス転職として位置づけられることがあります。40代で800万円と20代で800万円ではだいぶ難易度が違いますからね。

ただハイクラス求人を多数扱っている転職エージェントでは2000万円を超える求人もそこそこ合って、さらには年収3000万円以上なんて場合もあります。

2.ハイクラス転職のターゲット層

①転職前の年収
まずは、ハイクラス転職をしたいと考える転職者の転職前の年収が、いったいいくらくらいなのかを知っていきましょう。ハイクラス転職を目指す傾向にある転職者たちの転職前の年収は550万円程度です。

一般的なサラリーマンの年収は450万円から500万円のことが多いので、それよりは高額の給与を得ていることが分かります。つまり今より高収入を目指せる基盤である、現在の自分に自信があるからハイクラス転職を目指します。

②年齢
ハイクラス転職を目指す転職者は、いくつくらいの人が多いのでしょうか。ハイクラス転職を目指す転職者は30代から40代前半のことが多いです。一般的な「働き盛り」と言われる世代です。

入社から10年以上の中堅になり、ある程度キャリアも経験も積んだところでハイクラス転職を目指し、次の企業でも役職付きでキャリアアップを狙うということです。

③学歴
ハイクラス転職はいったいどのような学歴の持ち主が選ぶ転職方法なのでしょうか。ハイクラス転職をするのは、4年生大学や大学院卒の人や、専門的かつそのジャンルの専門学校の中でも全国的に知名度や信頼が厚い専門学校を卒業しているプロフェッショナルたちです。

もちろん4年生大学でも全国的に名前が知れている大学の出身者が、圧倒的に多いです。ハイクラス転職は高学歴に向いています。

④スキル
ハイクラス転職を成功させている人々にはスキルがあります。それでは、そのスキルとはいったいどのようなスキルなのでしょうか。ハイクラス転職に成功する転職者たちが持っているスキルは、資格や検定です。

とくに国家資格や技術を保証する資格が多く、TOEICなどの語学にまつわる試験結果などもタイミングよく更新できれば、履歴書や面接の時に有利になるでしょう。

3.幹部自衛官がハイクラス転職を狙える理由

幹部自衛官は参謀や指揮官として徹底的に、戦略やリーダーシップを叩き込まれています。ハイクラスで転職する方々は、戦略思考やリーダーシップを求められています。そのような経験を伝えることが出来ればハイクラス求人も十分に狙えます。

実際に世の中には、自衛隊出身の社長がいて、中には創業した方もいれば、上場企業の社長をしている方もいます。ぜひ、そのような人を探してみるのも良いと思います。

ハイクラス転職を狙いたい人は、ぜひ、以下に登録してみてください。


年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】


笑まちはぜひ、成功した転職ができるように願っています。

【自衛官必見】自衛隊から介護業界への転職前のページ

株式会社Libeiro の社長、佐々木雄亮さんの「良好な人間関係を築く」簡単なコツ次のページ

関連記事

  1. 自衛官からの転職

    【中卒・高卒必見】自衛官からの転職実情と未経験歓迎の転職先

    学歴社会といわれている現代でも、さまざまな理由から大学には進学…

  2. 自衛官からの転職

    自衛官からコンサルタントへ異業種転職。コンサルティング業界とは

    自衛官から異業種転職の一つとして、コンサルティング業界へ転職する人も…

  3. 自衛官からの転職

    【後悔しない自衛官の再就職】定年時の市場価値は40代で決まる

    自衛隊を定年退職まで勤めても、年金をもらえるまでには10年あるために…

  4. 自衛官からの転職

    【40代の自衛官】40歳を過ぎでも転職できる。

    「40歳を過ぎた自衛官でも、転職は出来ますか」この質問に対する回答は…

  5. 自衛官からの転職

    【自衛官からの成功した再就職】「守り」に入ってしまう40代

    定年で自衛隊を退職し、再就職する時に、成功した再就職をするためには、…

  6. 自衛官からの転職

    【退職前必読】元自衛官が学んだ転職のコツ

    【退職前必読】元自衛官が学んだ転職のコツを「未来をつくるキャリアの授…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP