転職活動のメソッド

【自衛官が転職するための思考】「頭」で食べる時代

下記は「価値創造の思考法」からの一部抜粋です。



消費社会のなかでも特徴的なのは、戦後から今日までという期間です。戦後日本の最も特徴的な変化は、人口増加と所得増加、そして都市化の3点だろう。

人口が増加し、所得が増加するとともに、巨大都市が生まれ、人口が都市に集中していった。これに対して現在では、誰もが知っているように人口は減少に転じ、現代はいわゆる人口減少社会であります。

こういったマクロな変化だけでみても、これまでとはまったく異なる社会が訪れているのがわかります。人口が増加し、所得が増加し、都市が肥大化していった時代に、求められるべく生まれて育っていったビジネスとは、まったく社会の背景が異なります。社会から要請されているものがすでに大きく異なっているのです。

しかし、ここで言いたい”激変”は、そういう量的なものだけではないのです。それは、対比するならば質の変化というべきものです。

そこで、こん質の変化を、食の経済という視点から述べます。「食べる」ことは人の根源的な欲求でもあり、一方でミシュラン推奨レストランやスイーツの人気に見られるような多様な欲求に応える点で、消費社会の変化をひもとくのにいい題材だと思うからです。

東京大学大学院・農学生命科学の中嶋康博教授の編による「食の経済」(ドメス出版、2011年)。中嶋氏はそこで、食品経済の観点から食の消費の推移を見ると、単に胃袋を満たす時代から、舌で味わう時代へと移行し、現在は頭で楽しむ段階に移行していると指摘しており、頭で楽しむ先駆的かつ典型的な例としてワインを挙げています。

胃袋を満たす時代には、とにかくお腹さえ膨れればよかったのです。それが舌で味わう時代になってくると、やはりおいしくなければならないという消費者心理が生じます。

もっといろいろなものを食べて見たいという欲求も高まってくるし、目で楽しむという要素も入ってきます。さらに頭で楽しむ時代になると、これはどこで採れたものだろうか、どんな人が作っているものだろうといったことなどが、食べることに関わってきます。

生産者が社会貢献を行っていることや、安全性確保のためのレベルの高い取り組みなども、評価に繋がっていきます。

このように、現代は「胃袋」ではなく「頭」で食べる時代になっているのです。

価値創造の思考法

【自衛官の天職】性格タイプの歴史前のページ

【自衛官が転職するための思考】1センチの開きが人に差をつける次のページ

ピックアップ記事

  1. 【転職相談】航空自衛隊 幹部・男性自衛官のケース
  2. 【自衛官の転職相談】航空自衛隊 空士 男性のケース
  3. 【転職相談】海上自衛隊 2等海士・男性自衛官のケース
  4. 【転職相談事例】陸上自衛官隊 陸曹・女性のケース
  5. 【転職相談】陸上自衛隊 幹部・男性自衛官のケース

関連記事

  1. 転職活動のメソッド

    40代・50代の警察官の転職力を上げる方法(職務経歴書の書き方)
    【詳細を見る】

    40代・50代の転職力を上げる方法を「中高年の転職必勝法: 転職成功…

  2. 転職活動のメソッド

    自衛隊の中途退職を円滑に進める方法

    最も難しい中途退職「転職するよりも退職するほうが困難である。」いろ…

  3. 転職活動のメソッド

    【転職したい自衛官の思考】転職活動で最も大切なこと

    自衛官、自衛官ではない関係なくまず転職活動で大切なことは自分の強みと弱…

  4. 公務員の高級幹部

    【気になる経歴】自衛艦隊司令官 海将 湯浅秀樹

    ■自衛艦隊とは自衛艦隊(Self Defense Fleet)は、…

  5. 転職活動のメソッド

    非現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、元陸上自衛隊の自衛官で無職の吉原真司容疑者。

    東京・足立区の公園のトイレに放火した疑いで、21歳の男が警視庁に逮捕…

転職相談事例

激動時代を生き抜くヒント

  1. 11.気になる記事

    塩田透氏の経歴。博報堂を早期退職! 安定した会社員生活から飛び出した理由
  2. 11.気になる記事

    神戸市役所は「副業人材」を登用!出勤せずフルリモート(詳細を見る)
  3. 11.気になる記事

    河野国家公務員制度担当相は「霞が関がブラック化している」と公表
  4. 11.気になる記事

    元保険営業マンの堀江陽氏が「スシロー社長」になれた経歴の裏側
  5. 11.気になる記事

    2回起業した経歴の持ち主、ツイッタージャパンの代表取締役・笹本裕氏が「起業に向い…
PAGE TOP