退職や転職に悩んでいる自衛官のキャリア・人生戦略

人間関係・仕事の内容・将来性などなど、様々な理由で悩む自衛官の相談役

公務員の方へ、キャリア・人生コンサルティングを提供します。

私は現役自衛官の時に、以下の理由で自衛官を辞めたいとずっと考えていました。

1 人間関係がうまくいかない。
2 転勤が多い
3 将来性に不安

人間関係がうまくいかない

自衛隊は非常に泥臭い人間関係が求められる職業と考えていました。もともと、一人でいるのが好きであったし、団体スポーツも苦手でした。そんな私も、上司、先輩、同僚、部下と仕事のことで怒られたり、揉めることも多々ありました。正直、自衛隊の中で、人間関係を築くことが得意ではありませんでした。

転勤が多い

幹部自衛官であったというのもありました、2年〜3年で転勤がありました。結婚し、子ども出来てから、育児などを考える中で、「転勤が多い」ということは悩みの種でした。

将来性に不安

自衛官の定年は54歳から55歳でした。年金との兼ね合いで、定年が延長されても、民間と比べ、5年から10年の差があります。また、年金ももらえるとも限りません。その中で、自衛官を続けることは安定した老後を過ごすことが出来ないのではないかと不安にかられることも多かったのを記憶しています。

周りに相談しても理解が得られない

自衛官は非常に安定している職業ということもあり、中々周りに相談しても理解を得られる状況ではありませんでした。それは非常に苦しく、自問自答をすることでしか出来なかった記憶があります。そんな経験を活かしてキャリア・人生相談を承ります。

【無料相談】

※直接面談の相談は有料となります。

【ABOUT】

公務員からの転職術は☆笑まち☆

地方公務員も国家公務員も年々、ますます、大変になってきています。その中で、転職したいと考える人も多いと思います。もしくは、泥臭い人間関係でいきていく中で、疲れている方もいるだろう。

しかし、公務員からの転職は難しいです。特に民間企業では不況や人員整理など流動化が激しい状況です。

そんな状況だからこそ、普通の転職活動ではなかなか難しいのです。「笑まち」は公務員だからこその転職術を提供します。

【公務員からの転職術】
1.転職エージェントや大手求人サイトに頼り過ぎるな

2.掘り出し求人をいかに見つけるか

3.自分が接したことのあるサービスを提供している会社を選べ

人生充実のヒント