自衛官と結婚したい!自衛官と出会うための方法

ひと昔前までは、自衛官限定の婚活パーティーを行っても、なかなか女性が集まりませんでした。ところが昨今の婚活市場では、自衛官の人気が急上昇しています。

自衛官と結婚したい!と思う女性が増えた理由は一体何なのでしょうか。今回は、婚活市場で自衛官の人気が高まっている理由や自衛官と出会う方法、結婚する際に注意すべきデメリットなどを詳しく解説していきます。

自衛官と結婚するメリット

①公務員なので収入が安定している
自衛官は、公務員なので収入が一般企業より安定しており突然仕事を失うこともないと言えます。また、役職を貰うことができれば年収1000万超えることも可能です。

一般的なサラリーマンや他の公務員よりも多い年収だから、金銭面に関して悩むこともほぼありません。ボーナスも多く色んな手当てもあるので、老後や子供の学費に備えて貯金することもできます。

そして退職金も普通の中小企業よりも貰えるから、老後も趣味の習い事をしつつ充実した余生を楽しめるのも魅力です。

②福利厚生が整っている
自衛官は、国家公務員なので福利厚生も充実しています。数え切れないくらいの手当てが存在しており、年末年始の休みや夏季休暇などもとれる上に基本的に週休2日制なので家族との時間も大切にすることが可能です。

また、防衛省が共済している会員制リゾート施設や会員制スポーツクラブなど色んな施設を格安で利用することができるので家族との旅行を楽しむことができます。

そして怪我や病気になれば自衛隊病院で自衛官の家族含めて無料で受診可能で、年金や保険も多岐にわたるから突然の怪我などにも安心です。

③雇用が安定している
自衛隊は、民間企業ではないからリストラや倒産が存在しないこともメリットの一つです。自衛官がクビになることは、犯罪を起こさない限りありません。

なので、安定した収入と充実した福利厚生を失うリスクがほぼ無いと言って良いです。収入源を失う可能性が他の企業よりも低いと言う点も生活する上で、安心だと言えます。

また、色んな資格を取るチャンスもあるので自衛隊をやむなく退職した後でも就職に困る心配もほぼ皆無です。





自衛官と結婚するメリット

①一人の時間が多い
自衛隊の男性と結婚すると、周りよりも一人の時間が多い結婚生活になります。

自衛隊は教育訓練や演習などで1週間ほど家を開けることがある仕事です。 また海上自衛隊の場合だと数ヶ月もの長く、海に出ることもありますので、連絡すら取れないこともあります。

人によってはデメリットとなる要素かもしれませんが、結婚後に一人の時間が増えて自由にできることをメリットに感じる自衛隊の奥さんも多いです。

ある程度長い期間いないと分かれば、家事に手を抜くこともできますし、ご飯を作らずに済むことで主婦の休日とまで言われることもあります。 です。

②災害が起これば家を空ける日が長い
自衛隊は国民のために働く国家公務員です。

もし災害が起きたときは国民のために救助活動に出なければいけません。 地震や台風などの自然災害が近くで起きると、あなたも不安になってしまいますが、そんな時に自衛官の夫は被災地に向かわなければいけないのです。

心細い時に夫を頼りたくても頼れないため、夫が不在の時はあなたが家を守らなければいけません。

もしも自衛隊の男性との結婚を考えているのであれば、あなたが家を守らなければいけないときが来るかもしれないことを覚悟しておかなければいけません。

また突発的な災害のときはどれぐらいの期間家を開けるかも分からないため、いつ帰ってくるかも分からない状況です。

③転勤地獄
自衛隊と結婚すると、避けて通れないのが【転勤】です。

転勤のスパンは、階級や職務内容によって違いますが、基本的に全国を転々とすると考えた方がいいでしょう。たとえば幹部自衛官であれば1年~2年、曹階級の自衛官であれば5年~10年の間隔で転勤することがあります。
その転勤の多さから、奥様はパート・子供は転校ばかりになってしまいますが、それでも大丈夫だという女性なら自衛隊との結婚は問題ないでしょう。

自衛官と結婚した奥さんもニュースに敏感になる

自衛官妻さんたちに聞いた、「自衛官と結婚して良かったこと・悪かったこと」。それは、「テレビのニュース速報に敏感になった」。

ここ最近も台風などの災害が続いていますが、自衛官は災害が起こると災害派遣に出動する可能性があります。

台風や大雨などの、あらかじめある程度予測できるような災害であれば災害派遣の準備もできるのですが、そうはいかない災害もあります。

予測できない災害で最も多いのが地震。最近は緊急地震速報で揺れがくる直前に地震を知ることができるようになりましたが、災害派遣の準備ができるほどではありません。

ですので、地震は起きて初めてその大きさを知り、震度などによっては災害派遣の準備をすることになります。

もし、指定された地域である程度以上の大きな地震が起きると、仕事が終わってからでも、休日でも、すぐに勤務地の駐屯地・基地に駆けつけます。

こういった背景から、自衛官はニュース速報にとても敏感です。

中には、国内だけでなく海外の災害に対応する部隊もあり、こういった部隊に勤務している自衛官は国内外のニュースに敏感になります。

そして、ニュース速報に敏感になのは自衛官だけではありません。ご主人が災害派遣となれば、家庭のスケジュールに直結するので、奥様もとても敏感になるそうです。





自衛官と出会う方法

①合コンやパーティーで出会う
合コンやパーティに参加して出会うという方法です。これはインターネットなどでも募集されている婚活イベントや合コンなどに参加する場合と、友達などから誘われて参加する場合があります。

どちらも自分の足で出向き初対面の人と話をするという点ではハードルが高いと思われますが、一番最短で出会う方法となります。

この場合、自衛隊と確実に出会うには自衛隊専門のパーティや合コンに参加すると良いでしょう。喜ばしいことに自衛隊の人は職場と寮の往復が多いため出会いを探している人が多くいます。そのため他の職業よりも率先して合コンやパーティに参加します。

開催は不定期で費用や場所、時間もバラバラなのでもしタイミングが合えばチャンスですが、あまりにも運任せです。常に気を配り、婚活イベントのサイトなどをしっかりと確認することが必要となります。

②友人や知人に紹介してもらう
次は友人や知人に紹介してもらうという方法です。これは自分が動かなくても良いという点ではかなり楽な方法になります。しかし、紹介には一つ大きなデメリットがあるので注意が必要です。

それは、もしうまくいかなかった場合。この場合にはもし紹介してくれた友人と紹介者が仲が良かった場合にその後の関係が悪くなるので注意しましょう。

しかし、一番楽な方法なのでぜひとも活用したいものです。この方法で出会う確率をより高めるためにはまず、知人や友人に公言しておきましょう。例えば「もし結婚するなら自衛隊の人がいいなぁ」「どこかに出会いを探している自衛隊の人はいないかなぁ」というように具体的に話をしておくとより確率は高まります。

もしとても仲の良い人ならもっと具体的に年はどのくらいで性格は優しくて、など伝えておくとなお良いでしょう。まずはこうして公言しておくだけでも実際に出会える確率は高まります。

③自衛隊と近い仕事をする
次に自衛隊とかかわる仕事に就くという方法をご紹介します。

ずばり自衛隊と関わりが深い仕事は自衛隊です。女性が自衛隊に入隊するとなると筋トレやきつい生活など絶対に無理!と思うかもしれません。しかし自衛隊の中には陸上自衛隊だけでも約16の職種があり、女性が専門でする職種もあります。

必ずしも筋トレをして銃を持ち皆さんがイメージする自衛隊の仕事をするというわけではありません。

例えば、陸上自衛隊の衛生科では看護師や薬剤師など陸上自衛隊での医療チームが存在します。確かに災害時などには現地に赴くこともあるかもしれませんが、日常的な職務としては学校でいう所の保健室の先生です。

これこそ個人的に多くの自衛隊と直接かかわることができるという点ではトップクラスの職業ではないでしょうか?もちろんそれを目的にして入隊するのは望ましくありませんが……。

また、需品の役割では炊飯やお風呂など、まさに女性向の職種もあります。このように自衛隊に直接就職するというのも一つの選択肢です。

ただそれはちょっと……という場合には駐屯所の近くで働くという手もあります。前述した通り、任期の浅い自衛官は休日でもあまり遠くへ外出することはできません。つまり多くの自衛隊は駐屯所近くで休日を過ごしているということです。喫茶店や飲食店、娯楽施設など多くの場所に集まるので選択肢はいくつもあります。

他の方法に比べると不確かな方法とはなりますが、ゼロだった確率が1や2に増えるはずです。

自衛官との結婚に興味ある方はぜひ以下にご登録ください。




関連記事

  1. 自衛隊人材不足の突破口 「募集年齢拡大」と「定年延長」

  2. 防衛省は空自を「航空宇宙自衛隊」に改称し、「宇宙作戦隊」を新設!その任…

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。