規則で禁止されてい自衛官の副業@バレない副収入

副業はどの副業を選ぶかで成功が決まります。

自衛隊にバレない副業の条件とは

現代は数多く副業が存在します。有名なところで言えば、ヤフオクを使った転先であったりパソコン1台でできるFXなどの投資、ほかにも数多くの副業が世の中には存在します。

これは「未だかつてないチャンス」が現在に到来しているということを物語っているかもしれません。しかし、ここで忘れてはいけないことがあります。

それは一体何かというと、数ある副業の中でも自衛隊にバレないものを選ぶ必要があるという点です。ごくまれに副業がOKという自治体も世の中には存在します。

公に副業をやっても、会社の規則や規定でおとがめないケースもあるようです。しかし、それはやはり稀なケースになります。

自衛隊では、自衛官が副業を行なって副収入を得ることを禁じていたり、あるいはいい顔をしないケースがあるのではないかと思います。

では、自衛隊にバレない副業の条件とは一体何かということを紹介する。

自衛隊にバレるかバレないかの境界線は一つが「名前を出す必要があるのかどうか」ということです。つまり、あなたの名前を出す必要がある副業はバレやすいと言えます。

一方で、名前を出す必要がない副業はバレにくいです。これは言われて見れば当たり前なのですが、外せないポイントでもあります。

例えば、あなたの名前をホームページなどでデカデカと載せる副業の場合ですと、バレやすいということです。

今は、facebookやブログなどのように、個人でもメディア媒体を簡単にもつことができる時代です。そした個人メディアを作って、そこから副収入に繋げていくという稼ぎ方、これは実際に存在しますし、副収入を得る方法が存在します。


しかし、そうしたやり方ですと名前を全面に出しているので、yahooやグーグルなどであなたの名前を検索するとすぐにヒットしてしまいます。

そこからあなたが副業をやっている、ネットを使って何か副収入を得ているようだ・・・ということは自衛隊のみならず、家族や友人、知り合いなどにもすぐに手に取るようにわかってしまう危険性があります。

ただ、自衛隊にバレないかといったら非常にバレやすいので危険です。

では、自衛隊にバレない副業とは一体どんなものなのか。それが先ほとお伝えをした「名前を出さなくてもいい副業に取り組むこと」名前を出さなくてもいい副業は探せば意外と探せばあるものです。

例えば、パソコンの前でトレードなどをするFXや株、こうした副業は名前を出さなくともいいので、自衛隊にバレにくいというメリットがあります。

しかし、株やFXの場合は最初に資金が一定量必要ですので、あまりお金を大きくかけたくない、リスクを背負いたくないという人にとってはなかなか難しいかもしれません。

まずは、お金もかけず無理なく、でも少しおこずかい程度の副収入は欲しい、そのために副業をやって見たい、そういうふうに考える人は非常に多いと思います。

そうした方にとって最適なのは、アフィリエイトになります。

そもそもアフィリエイトってなに?

現代は様々な副業があるというお話をしました。その中で最もサラリーマンに適している副業が「アフィリエイト」であるということです。

アフィリエイトは企業の商品やサービスを、あなたが代わりに紹介して手数料で副収入を稼ぐ方法になります。

アフィリエイトサービスプロバイダーと呼ばれるサイトに「無料」で登録すると、さまざまな企業の商品やサービスをアタは紹介できるようになります。

こういった形で企業の商品やサービスを紹介する人たちのことを、アフィリエイターと呼びます。

企業からすると商品やサービスがアフィリエイター経由で売れた場合、手数料をアフィリエイターに払えば良いのです。そのため、売れた分だけしか手数料が発生しないので、販促進費用を非常に安く抑えることができます。

対照的に、これがテレビCMや新聞広告ですと、たとえ広告したのに売れなくても、広告費は払わないといけないわけです。
つまり、企業にとっては少ないリスクで、自社の商品やサービスをアフィリエイターに宣伝してもらえるので、今急速に急増しております。

アフィリエイターからしても、大きなメリットがいくつかあります。例えば、本来ならば自分の商品やサービスがない人だとそもそもビジネスをはじめることができません。

ところがアフィリエイトであれば、企業の商品やサービスを紹介して、その手数料で稼げるわけです。つまり、自分の商品やサービスがなくてもできます。

在庫を持たないで平気ですし、初期資金も不要。パソコン1台で自宅でははじめることすらできてしまう。それがアフィリエイトになるわけです。

数あるアフィリエイトの中でも自衛隊にバレない方法を選ぶ

しかし、それほど魅力のあるアフィリエイトでも注意が必要です。なぜかというと、一口にアフィリエイトといっても、実は色んな種類のアフィリエイトが存在するからです。

そこで、アフィリエイトの中でも、自衛隊にバレないものはいくつかあります。

数あるアフィリエイトの中でも会社にバレにくいのは「サイトアフィリエイト」になります。サイト、すなわちホームページを作って、そこでアフィリエイトをするやり方。

この方法が、副業で取り組んでも最もバレにくい方法になります。なぜならば、個人情報を掲載する必要がないからです。

サイトやホームページを作るとなると、自分の名前であったり、住所を載せなければならないのでは?と思うかもしれません。

しかし、サイトアフィリエイトの場合ですとこれが義務付けられていないのです。

自分の個人情報をのせる義務というものが実は法的にないのです。

だから、あなたがサイトアフィリエイトをやった場合でも、あなたの名前を出す必要がないので誰が運営しているかわかりません。

だから、人知れずこっそり稼ぐことができるのです。まさにサラリーマンのためにあるような副業。それが「サイトアフィリエイト」になります。

本当にサラリーマンなどの人にとっっては、これ以上の素晴らしい副業はないくらい理想的な稼ぎ方ができます。サイトアフィリエイトをまず選択するということが大切になります。

自衛官でもバレない副業はサイトアフィリエイト

自衛官の中でもサイトアフィリエイトを行なっている方はおります。副業が最も禁止されている職業といえば、公務員と言われる中でもできてしまうのです。そして、バレることなく稼いでいるのです。







関連記事

  1. 【自衛官の退職】一つの仕事だけど良い時代の終わり

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。