自衛官からコンサルタントへ異業種転職。コンサルティング業界とは

自衛官から異業種転職の一つとして、コンサルティング業界へ転職する人もいます。投資のコンサルタントや経営コンサルタント、人材系コンサルタントと非常に幅広くいます。

これからコンサルティング業界への転職を考えている自衛官に、コンサルティング業界について紹介します。

コンサルティング業界とは

コンサルティングは企業全体の変革を支援する業務です。

企業や各種団体が経営を行う上で抱える様々な課題に対して、中立的な立場から現状を分析し、問題と真因を特定し、解決策を提示し、その実現を支援することで企業全体を変革していきます。

コンサルティングファームは、企業の医者に例えられますが、病気を診察し、投薬や治療をするように、企業の課題解決だけを行っているわけではありません。

例えば、日本を代表する企業がグローバルでのビジネスを成功させるため、新規事業への進出を成功させるためといった、企業がこれから目指す姿の実現を支援しているのです。

コンサルタントは企業のあるべき姿を定義し、取り組むべきテーマを設定し、共に実現する役割を担っています。まさに、素敵な会社をもっと素敵にすることがコンサルタントの仕事であり、その積み重ねが未来につながっているのです。
(引用: コンサルティング業界を知る

コンサルティング業界は大きな成長が期待されている市場です。現在の日本におけるビジネスコンサルティング業界の市場規模は1,800億円から3,000億円程度といわれていますが、業界全体は成長を続け、そのサービス提供範囲は経営戦略、財務会計、業務、IT、組織や人材など多岐に渡っています。

米国のコンサルティング業界の市場規模は6兆円から10兆円程度といわれており、日本やアジアにおいては、これから大きな成長が期待されている業界といえるでしょう。ITサービスおよびBPOサービスなどを含めた市場規模は5兆円から7兆円規模に達しており、広告業界や旅行業界等の市場規模とほぼ同じ水準であり、大きな市場へと成長しています。 (ユーロモニター、IDC Japan、電通、日本交通公社の調査結果による)

コンサルティングフォームの分類

コンサルティングファームは大別すると5種類あります。
(1)戦略系コンサルティング
(2)総合系・会計系コンサルティング
(3)IT系コンサルティング
(4)人材開発系コンサルティング
(5)シンクタンク
の5つに分けられるでしょう。それぞれの特徴や代表的なファームは以下のとおりです。

(1)戦略系コンサルティング

企業の経営課題を発見し、その解決のためのプランを立て、そのプラン遂行の役割を担うファームです。企業戦略、事業戦略、組織改革、業務改革などにおけるクライアントの意思決定と決定事項の組織への落とし込みのサポートなどをおこなっています。

特に、企業戦略や事業戦略のコンサルティングは、戦略系ファームの最も得意とする分野です。企業全体の経営に関わる課題を依頼されるため、経営者層とのやり取りがほとんどとなります。仕事のスタイルとしては、3~5名程度の少数精鋭のコンサルタントがプロジェクトを組み、経営課題に取り組んでいます。

(2)総合系・会計系コンサルティング

総合系コンサルとは、トップマネジメント層から一般社員層まで会社全体の企業課題を、戦略立案などの最上流からシステム構築・運用までのコンサルティングテーマを一気通貫ワンストップで行っているコンサルティングファームです。すべてを網羅対応できることから「総合系コンサルティング」と呼ばれています。

また特徴として業界(インダストリー)と機能(ファンクション)で各部門を分けており、幅広い業界、幅広いテーマに対してコンサルティングを提供しています。また会社全体ではなく各部門ごとに中途採用を行っている点も特徴的です。

(3)IT系コンサルティング

ITコンサルタントとは、一言でいえば「ITを活用して企業の課題を解決する専門家」です。経営戦略に沿ってIT戦略を策定し、システム開発の提案やシステムの最適化を通じて、企業の経営を助ける職種です。プロジェクトの進捗管理や運用テストにも関わるなど、仕事内容は多岐にわたります。

(4)人材開発系コンサルティング

「有能なマネージャーを育てたい、チーム全体を活性化させたい」など、部門単位での人材マネジメント、リーダー育成の課題解決を得意とするファームです。目指すべき人材像の明確化、それを実現するための教育計画の策定、研修の実施・運営、その効果検証などを行います。

優れた制度の構築よりも、その制度の中で実際に働く従業員個人の意識・スキルを上昇させた方が、企業全体の向上に繋がる、という思想が根底に存在し、組織人事制度系コンサルティングファームと比べ、より現場寄りの支援を得意とするファームと言えます。

(5)シンクタンク

シンクタンク、政策研究所、研究機関は、社会政策、政治戦略、経済、軍事、技術、文化などのテーマに関する研究とアドボカシーを行う組織であるが、こうした政策機関はほとんどが非営利団体であり、米国やカナダなどの一部の国では非課税状態。

他のシンクタンクは、政府、 擁護団体 、または企業によって資金提供されているか、またはプロジェクトに関連するコンサルティングや研究活動から収益を得ている。

直訳すると、頭脳集団。よって、頭脳集団という意味での民間企業も多くある。

コンサルタントに向いている人

コンサルタントの代表的な仕事である「経営コンサルティング」は、クライアントの経営状態をチェックして、改善策を一緒に考えるのが使命です。

企業の財務状況や雇用の状況を把握することで、その企業が今どのようなリスクを抱えているのか、どのような発展の可能性があるのかを見抜くことができる優れた能力が求められます。

こうした能力は、日頃から熱心に経済や経営の勉強をすることでこそ、磨くことができるものです。また、数字を見ながら分析をするような情報処理能力も高くなければ、クライアントの課題を見つけ出すことができません。

「経営に興味がある」「数字に強い」という人にとっては、コンサルタントはやりがいの大きい職業になるでしょう。


コンサル一年目が学ぶこと




戦略コンサルへの最短ルート【STRATEGY:BOOTCAMP】

関連記事

  1. 【中卒・高卒必見】自衛官からの転職実情と未経験歓迎の転職先

  2. 【自衛官からの転職】キャリアブランディング転職術

  3. 【自衛官必見】自衛隊から介護業界への転職

  4. 現役自衛官が転職活動する前に知っておくべき民間の話

  5. 【自衛官の転職】支援サイトのまとめ

  6. 自衛官から自動車業界の整備士への転職

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。