自衛官からコンサルタントへ異業種転職。コンサルティング業界とは

自衛官から異業種転職の一つとして、コンサルティング業界へ転職する人もいます。投資のコンサルタントや経営コンサルタント、人材系コンサルタントと非常に幅広くいます。

これからコンサルティング業界への転職を考えている自衛官に、コンサルティング業界について紹介します。

コンサルティング業界とは

コンサルティングは企業全体の変革を支援する業務です。

企業や各種団体が経営を行う上で抱える様々な課題に対して、中立的な立場から現状を分析し、問題と真因を特定し、解決策を提示し、その実現を支援することで企業全体を変革していきます。

コンサルティングファームは、企業の医者に例えられますが、病気を診察し、投薬や治療をするように、企業の課題解決だけを行っているわけではありません。

例えば、日本を代表する企業がグローバルでのビジネスを成功させるため、新規事業への進出を成功させるためといった、企業がこれから目指す姿の実現を支援しているのです。

コンサルタントは企業のあるべき姿を定義し、取り組むべきテーマを設定し、共に実現する役割を担っています。まさに、素敵な会社をもっと素敵にすることがコンサルタントの仕事であり、その積み重ねが未来につながっているのです。
(引用: コンサルティング業界を知る

コンサルティング業界は大きな成長が期待されている市場です。現在の日本におけるビジネスコンサルティング業界の市場規模は1,800億円から3,000億円程度といわれていますが、業界全体は成長を続け、そのサービス提供範囲は経営戦略、財務会計、業務、IT、組織や人材など多岐に渡っています。

米国のコンサルティング業界の市場規模は6兆円から10兆円程度といわれており、日本やアジアにおいては、これから大きな成長が期待されている業界といえるでしょう。ITサービスおよびBPOサービスなどを含めた市場規模は5兆円から7兆円規模に達しており、広告業界や旅行業界等の市場規模とほぼ同じ水準であり、大きな市場へと成長しています。 (ユーロモニター、IDC Japan、電通、日本交通公社の調査結果による)

コンサルティングフォームの分類

コンサルティングファームは大別すると5種類あります。
(1)戦略系コンサルティング
(2)総合系・会計系コンサルティング
(3)IT系コンサルティング
(4)人材開発系コンサルティング
(5)シンクタンク
の5つに分けられるでしょう。それぞれの特徴や代表的なファームは以下のとおりです。

(1)戦略系コンサルティング

企業の経営課題を発見し、その解決のためのプランを立て、そのプラン遂行の役割を担うファームです。企業戦略、事業戦略、組織改革、業務改革などにおけるクライアントの意思決定と決定事項の組織への落とし込みのサポートなどをおこなっています。

特に、企業戦略や事業戦略のコンサルティングは、戦略系ファームの最も得意とする分野です。企業全体の経営に関わる課題を依頼されるため、経営者層とのやり取りがほとんどとなります。仕事のスタイルとしては、3~5名程度の少数精鋭のコンサルタントがプロジェクトを組み、経営課題に取り組んでいます。

(2)総合系・会計系コンサルティング

総合系コンサルとは、トップマネジメント層から一般社員層まで会社全体の企業課題を、戦略立案などの最上流からシステム構築・運用までのコンサルティングテーマを一気通貫ワンストップで行っているコンサルティングファームです。すべてを網羅対応できることから「総合系コンサルティング」と呼ばれています。

また特徴として業界(インダストリー)と機能(ファンクション)で各部門を分けており、幅広い業界、幅広いテーマに対してコンサルティングを提供しています。また会社全体ではなく各部門ごとに中途採用を行っている点も特徴的です。

(3)IT系コンサルティング

ITコンサルタントとは、一言でいえば「ITを活用して企業の課題を解決する専門家」です。経営戦略に沿ってIT戦略を策定し、システム開発の提案やシステムの最適化を通じて、企業の経営を助ける職種です。プロジェクトの進捗管理や運用テストにも関わるなど、仕事内容は多岐にわたります。

(4)人材開発系コンサルティング

「有能なマネージャーを育てたい、チーム全体を活性化させたい」など、部門単位での人材マネジメント、リーダー育成の課題解決を得意とするファームです。目指すべき人材像の明確化、それを実現するための教育計画の策定、研修の実施・運営、その効果検証などを行います。

優れた制度の構築よりも、その制度の中で実際に働く従業員個人の意識・スキルを上昇させた方が、企業全体の向上に繋がる、という思想が根底に存在し、組織人事制度系コンサルティングファームと比べ、より現場寄りの支援を得意とするファームと言えます。

(5)シンクタンク

シンクタンク、政策研究所、研究機関は、社会政策、政治戦略、経済、軍事、技術、文化などのテーマに関する研究とアドボカシーを行う組織であるが、こうした政策機関はほとんどが非営利団体であり、米国やカナダなどの一部の国では非課税状態。

他のシンクタンクは、政府、 擁護団体 、または企業によって資金提供されているか、またはプロジェクトに関連するコンサルティングや研究活動から収益を得ている。

直訳すると、頭脳集団。よって、頭脳集団という意味での民間企業も多くある。

コンサルタントに向いている人

コンサルタントの代表的な仕事である「経営コンサルティング」は、クライアントの経営状態をチェックして、改善策を一緒に考えるのが使命です。

企業の財務状況や雇用の状況を把握することで、その企業が今どのようなリスクを抱えているのか、どのような発展の可能性があるのかを見抜くことができる優れた能力が求められます。

こうした能力は、日頃から熱心に経済や経営の勉強をすることでこそ、磨くことができるものです。また、数字を見ながら分析をするような情報処理能力も高くなければ、クライアントの課題を見つけ出すことができません。

「経営に興味がある」「数字に強い」という人にとっては、コンサルタントはやりがいの大きい職業になるでしょう。


コンサル一年目が学ぶこと




戦略コンサルへの最短ルート【STRATEGY:BOOTCAMP】

民間経験無は関係ない!転職したい自衛官が天職を発見するための性格自己分析前のページ

【人間関係の悩み】そもそもパワハラってどんなもの?!#自衛隊#公務員次のページ

関連記事

  1. 自衛官からの転職

    【退職前必読】元自衛官が学んだ転職のコツ

    【退職前必読】元自衛官が学んだ転職のコツを「未来をつくるキャリアの授…

  2. 自衛官からの転職

    【40代の自衛官】40歳を過ぎでも転職できる。

    「40歳を過ぎた自衛官でも、転職は出来ますか」この質問に対する回答は…

  3. 自衛官からの転職

    現役自衛官が転職活動する前に知っておくべき民間の話

    現役自衛官の大半は恐らく事業会社で働いたことのない人も多いだろう。し…

  4. 自衛官からの転職

    【注目】幹部自衛官の一度は登録すべき求人サイトと転職先

    転職したい自衛官にぜひチャレンジして欲しい転職先や求人は、「戦略コン…

  5. 自衛官からの転職

    【自衛官の転職】支援サイトのまとめ

    ★元海上自衛官 浜タケル氏「自衛官が退官10年前に読むお金の本──…

  6. 自衛官からの転職

    〜20代・30代・40代〜年代別の陸上自衛官のお勧め転職先(詳細を見る)

    陸上自衛隊のイメージは、「体育会系」、「筋肉ムキムキ」、「脳みそも…

転職相談事例

激動時代を生き抜くヒント

  1. 11.気になる記事

    2回起業した経歴の持ち主、ツイッタージャパンの代表取締役・笹本裕氏が「起業に向い…
  2. 11.気になる記事

    【真実か?!】公務員の退職勧奨やリストラをする自治体が出てくる!
  3. 11.気になる記事

    起業家から優れた事業家に進化するための4つの条件とは?
  4. 「あなた」という商品を高く売る方法

    自分の肩書きを増やす「フラッシュキャリア」とは?(詳細を見る)
  5. 11.気になる記事

    転職ではキャリアやスキル以上に大切なものがある
PAGE TOP