『過労死やうつ病の予防』あなたを守れるのはあなただけ
【詳細を見る】

以下は、「職場のしんどいが消える大全」からの一部を紹介しております。

【セルフケア、できていますか?】

まず第一に「会社はあなたの健康を守ってくれない」ということであります。

「冷たい」「じゃどうしようもない」と思う方もいるかもしれませんが、あなたを怒らせたり悲しませたりしたい訳ではありません。

今は、「自分の健康は自分で守る」時代です。そして、あなたの健康は、ひいては、最も大切な物です。それを覚えておくことが大切です。

現代社会では、うつ病などの精神疾患と診断される人の数が、どんどん増え続けています。その背景には様々な原因がありますが、その一つに「社会の余裕のなさ」を挙げたいと思います。

バブルの崩壊、リーマンショックなどの経済危機を経て、ここ数年、アベノミクス効果で景気は上向きになっていると報道されています。

しかし、働く人たちの中でそれを実感している人はごく少数でしょう。

実際には、働いても働いても給料は上がらず、人手も足りない状態が続いている会社がほとんどです。そして、その結果、長時間労働を強いられ、ストレスや疲労がどんどん溜まり、仕事のパフォーマンスが落ちて行きます。

多くの人がこのような悪循環に陥っているのです。

この悪循環を断ち切るために、自分自身の「心お手入れ(セルフケア)」ができれば良いのですが、そういう人は少数派になります。

「自分にしかわからない仕事が残っているので、休めません」
「休むと周りに迷惑をかけてしまう」

こんな風に、ちょっとしたブレーキですら、作動させることを躊躇してしまい、自分wいたわることができない人がほとんどになります。

【交感神経の”張り切りすぎ”に注意】

そのような状態が続けば、心も体もすり減って行くのはいうまでもありません。ゆっくり休むことはもちろん、病院に行く時間すら取れないのです。そして、本当は治療が必要な段階になっているのに、何もせずに時間だけが過ぎ、心の「しんどさ」はどんどん悪化して行く一方です。

会社側はこんな時、どうすると思いますか。

多くの場合、社員の辛そうな様子を把握しているにもかかわらず、貴重な労働力を失うことを遅れて、「本人もまだ大丈夫と言っていることですし、、、」と見てみぬふりをして、さらに無理をさせてしまいます。

人間には、自律神経が備わっています。体内をベストな状態に保つために、24時間働き続けている神経になります。体の活動している時・頑張っている時や昼間に活発になる交感神経と、リラックスしている時や夜に活発になる副交感神経があります。

仕事を頑張る時間が長ければ長いほど、交感神経を刺激する時間が長くなります。交感神経が刺激され続けると、血圧が上昇し、心臓や脳に負担がかかります。それが慢性的に続けば、心筋梗塞や脳卒中など、命に関わる重大な病気にかかるリスクも高まります。そして、それらの病気こそ現代の過労死の原因となっています。

こうなる前に、しっかり自分の心と体の状態を把握し、対処できるようにしておくことが何より重要です。すでに述べた通り、あなたのことは、他の誰でもないあなた自身が守っていくべき時代であります。






関連記事

  1. 【ストレス解消】疲れや倦怠感を防ぐ食べ物

  2. ストレスとの上手な付き合い方は?
    【詳細を見る】

  3. 【ストレス解消方法】不眠や疲れ目に菊(キク)【詳細を見る】

  4. ストレスの3つの根本原因を押さえて不安とイライラを解消【詳細を見る】

【ABOUT】

人生充実のヒント

公務員からの転職術は☆笑まち☆

地方公務員も国家公務員も年々、ますます、大変になってきています。その中で、転職したいと考える人も多いと思います。もしくは、泥臭い人間関係でいきていく中で、疲れている方もいるだろう。

しかし、公務員からの転職は難しいです。特に民間企業では不況や人員整理など流動化が激しい状況です。

そんな状況だからこそ、普通の転職活動ではなかなか難しいのです。「笑まち」は公務員だからこその転職術を提供します。

【公務員からの転職術】
1.転職エージェントや大手求人サイトに頼り過ぎるな

2.掘り出し求人をいかに見つけるか

3.自分が接したことのあるサービスを提供している会社を選べ

人生充実のヒント