【人間関係の悩み】「いじめ・嫌がらせ」が6年連続トップの相談数#自衛隊#公務員

あんたはパワハラの被害を誰かに相談したことはありますか。会社の上司や親しい友人・知人、または家族に相談したことがある方もいらっしゃるかもしれません。では、会社や家族以外でパワハラのことを相談するとなると、どこをイメージしますか、現在、都道府県労働局や労働基準監督内、駅近隣の建物など380か所(平成30年4月1日現在)に、あらゆる労働問題に関する相談にワンストップで対応するための「総合労働相談コーナー」というのもあります。

ちなみに総合労働相談コーナーへ電話などで寄せられた相談内容のうち、最も多いものが「いじめ・嫌がらせ」なおです。

総合労働相談コーナーへの相談件数は年々増加しており、ここ10年間では毎年100万件を超えています。その中で6年連続トップの相談内容が「いじめ・嫌がらせ」なのです。理由として考えられるのが、パワハラ・セクハラを筆頭にハラスメント問題が社会に顕在化してきたことでしょう。

顕在化してきた理由として、私たちが日常、何気なく利用しているインターネットの進化が考えられます。そして、インターネットの進化の代表格とも言えるのがツイッターやフェイスブックなどのSNSの普及です。

従来の情報源と言えば、テレビや新聞、雑誌、ラジオなどのマスメディアといったものでしたが、今は個人から得ることができるようになりました。それにより、会社の中でブラックボックス化していた部分が明るみに出ることになり、ハラスメントに関する世の中の関心度が高まっていったことが挙げられます。

もう一つ言えることは、日本における経済成長の頭打ちです。戦後の高度経済成長期に置いては、働けば働いた分だけ給与はもらえ、正社員になれば定年するまで安定という構図が描かれていました。

そのため、多少理不尽なことが会社であったとしても、年功序列による賃金の上昇や勤続年数に伴い増加する退職金など、我慢するだけの見返りがあったのです。

しかし、昨今の日本を見ると、未だに戦後と変わらない働き方をしている企業も多く、「頑張れば、頑張った分だけ報われる」すなわち「朝から夜まで、頑張ることは当たり前(頑張れない者は悪である)」という精神論がまだ一部の産業でも根付いているため、そこに違和感を感じる人々が相談窓口の利用数増加の後押しをしているのです。

職場での「いじめ・嫌がらせ」というのは、ここ10年で急に増え始めてきたのでしょうか。そうではないと思います。以前から存在していたものが技術の進化や環境、文化、思想の変化により明るみになってきたと考えるべきでしょう。

平成29年度の「いじめ・嫌がらせ」の件数は、7206件でした。しかし、これはほんの氷山の一角であり、まだまだパワハラで悩んでいる人もいるはずです。そのような悩みを持っている人もいるはずです。そのような悩みを持っている人が一人でも少なると良いです。

会社がつらくてうつ病になる人ってどれくらい?

会社のパワハラが原因でうつ病になったり、過重労働の末、精神的に疲れ果ててしまい過労死をしてしまった、というニュースを耳にすることも珍しくありません。ニュースになっていないだけで、もっと多くの人々が自ら命を立っているのが現実であります。

過重労働の末、命を落とすことを過労死だとすれば、過労死とは一体デオのようなものなのでしょうか。単に労働時間が多いということなのでしょうか。もしそうであれば、残業をしているほとんどの会社員が過重労働をしていることになります。

もしくは、個人の能力を上回るような労働を指すのでしょうか。それでは、個人の能力はどのように測れば良いのでしょうか。戦後の高度経済成長期を見てみると、今と変わらぬもしくはそれ以上の労働をしてきましたが、昨今見られるようなうつ病や労働時間も問題は今ほど深刻ではないように感じます。

手元の辞書で「過労」を調べてみると、次のように書かれています。「過労:体や頭脳を使いすぎて、疲労すること」。つまり、過労の「労」は労働の労ではなく、疲労の「労」ということがわかります。

過労とは単に労働時間が長いということだけではなく、その職場環境や人間関係による過剰なまでのストレスが原因で、身も心も疲れ果ててしまうことです。次の過労死について見ていきます。

過労死と聞くと、どのようなことを想像するでしょうか。自分のデスクについて、睡魔が襲ってきてので、少しうつ伏せになったら、そのまま帰らぬ人となってしまった、とイメージされるかもしませんが、事実は異なります。

過労の末に発生するトラブルを過労死といい、そのほとんどは就業時間外に起きています。ゆえに職場のパワハラが原因で、過労死と認定されづらいのも、この就業時間外にトラブルが起こるためと考えられています。

仕事がつらくて、会社に行くのが嫌になって、上司のパワハラで疲れ果ててしまって、最終的に行き着く行為が自殺です。


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決しあなたらしい人生を取り戻す方法




お仕事復帰や自立を全力サポート | 就労移行支援のCocorport(旧社名:Melk)


関連記事

  1. 【人間関係の悩み】そもそもパワハラってどんなもの?!#自衛隊#公務員

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。