【IT業界へ転職】自衛官からプログラマーやデザイナーへ

IT業界はへ非常に成長企業も多く、未経験者採用にも積極的です。したがって、自衛官からプログラマーやデザイナーに転職する道も開ています。ぜひ、プログラマーやデザイナーを目指してみてください。

IT業界は5つに分類される

IT業界は大きく分けると、下記の5つに分類されます。

1. インターネット・Web業界
2. 通信業界
3. ソフトウェア業界
4. ハードウェア業界
5. 情報処理サービス業界


分類される業界の事業だけを手がける企業だけでなく、複数の分野にまたがって事業を展開する企業もあります。

(1)インターネット・Web業界とは
インターネット業界・Web業界には、Webサイト制作、ネットワーク構築、インターネット広告など、企業向けのサービスを行う企業と、ポータルサイト、SNS、ショッピングサイトなどの個人向けのサービスを提供している企業に分けることができます。

この業界の魅力は、お仕事や働き方は多種多様にあり、企 業のWeb担当者として自社のサービスや商品を紹介するためのサイトを制作・更新したり、制作会社に勤務してさまざまな業界や企業のWebサイト制作に携わることもできます。

また、自分らしく働きたい人には在宅・フリーランスがオススメで、女性にとっては結婚、出産後も安心して長く働けるということも人気の理由です。



IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】



(2)通信業界とは
情報通信業は、総務省が所管する業種の分類である「日本標準産業分類」にもある業種のことで、分類コードではGに分類されています。

日本標準産業分類では、情報通信業を中分類37「通信業」、38「放送業」、39「情報サービス業」、40「インターネット附随サービス業」、41「映像・音声・文字情報制作作業」の5つに分類しています。

「通信業」には、固定電話業や携帯電話業、無線センターなどが含まれるでしょう。「放送業」は、テレビ放送局やケーブルテレビ会社、ラジオ放送局などが含まれます。

(3)ソフトウェア業界とは
パソコンやスマートフォンを使って情報を検索する、文章を入力するなど、ふだん何気なく使っている、コンピュータ上のさまざまな処理を実際に行っているプログラムのことを「ソフトウェア」という。

IT専門調査会社 IDC Japan の「国内ソフトウェア市場予測アップデート、2016年~2020年」によると、2016年の国内ソフトウェア市場は2兆7417億円、前年比3.9パーセント増となっている。成長の背景には、データ分析やセキュリティ対策の需要の増加などがある。

さらに同調査では、2015~2020年の年間平均成長率は4.2パーセント、2019年に市場が3兆円を突破し、2020年には3兆2388億円に達すると予測している。今後も成長が期待できる業界である。





(4)ハードウェア業界とは
自宅にテレビやパソコンなど電子機器類が一つもないという人はいないでしょう。どの家庭にも必ず何かしらの電子機器が1台はあるのではないでしょうか。ハードウェアとは、電子機器類のような「目に見える」機械や設備、装置などを指します。テレビやパソコンの他、電子レンジや冷蔵庫も広義で言えばハードウェアと言えます。

ハードウェア業界への転職を考える上でどのような職種が求人としてあり、また、それぞれ職種がどのような仕事内容であるのか知っておく必要があります。機械設計と制御の部分に分かれまして、機械設計の部分がハードウェアになります。

(5)情報処理サービス業界とは 情報処理サービス業界(以下、SI業界)とは、あらゆる業界や企業の業務を円滑に進めるための独自のシステムを、企画から運用まで一貫して請け負う業界のことを指します。分かりやすく言うと、企業が抱える課題や悩みをITの力(システム)で解決していく業界です。

例として、銀行のATM、店舗のレジ、佐川急便の流通システムなど、生活に密着しているあらゆるモノが挙げられます。つまり、銀行・証券・物流・医療など様々な業界がビジネスの対象となるのです。

近年では、課題解決のためのシステムだけでなく、時代のニーズを先取りしたシステム開発も行われています。


未経験からの転職ならWORKPORT



IT業界へ転職するには

IT企業に転職するには、理系じゃないと……と思っていませんか?実は文系の人にも多くのチャンスがあります。実際、多くのIT企業の募集職種を見てみると、必ずしもエンジニアばかりということでもありません。営業やマーケティング部門、管理部門などで多くの人が働いています。

文系出身者がIT企業で働く際のポイントは、「咀嚼力」。 顧客や取引先が必ずしも理系のエンジニアとは限りません。難解なIT用語を相手が理解しやすい用語に噛み砕いてして伝える能力が必要です。

例えば、営業マンが顧客の経営層にプレゼンしたり、広報担当者がプレスリリース原稿を作ったりする時に、この「咀嚼力」は必須スキルになります。

咀嚼力を身につけるには、普段からITエンジニアとのコミュニケーションを通じて、自分自身が他者に説明できるようになるまで理解を深めたり、IT業界のニュースや書籍をよく読んだり、セミナーに積極的に参加することが必要でしょう。その土台となるインプットが重要になります。

(1)プログラマーとして転職する プログラミング業界内で転職を考えている方はもちろん、未経験からプログラマーへの転職を考えている方は軽い気持ちで一歩踏み出してみることをおすすめします。

私がおすすめするのは以下の3つの理由からです。

(1)未経験でも十分チャンスがあるから
(2)いま踏み出さないと将来後悔するから
(3)諦めることになってもスッキリするから


プログラミングの仕事が未経験でも目指しやすいのは人手不足なことが大きな理由です。

有効求人倍率(doda調べ)を見ると、全職種平均の有効求人倍率が2.46なのに対して、プログラマーが該当する技術系(IT/通信)の有効求人倍率は7.62となっています。


在宅でプログラミングを学ぶなら「tech boostオンライン」


(2)デザイナーとして転職する 未経験であっても、デザイナーへの転職は不可能ではありません。デザインやコミュニケーションスキルがあれば、異業種からの転職も可能です。厳密に言うと、30代後半からは難しいですが、20〜30代ならば、転職しやすいでしょう。


ただし、未経験であっても、何のスキルもなければ、デザイナーにはなれません。必須のスキルは、PhotoshopやIllustratorなどの、デザインスキルです。また、仕事する際に必要なコミュニケーションスキルも求められます。

中途採用の場合、社会人経験があるので、コミュニケーションスキルは新卒の人よりも、高いケースが多いです。

いずれにしても、 実務未経験であっても、デザインスキルやコミュニケーションスキルに自信があれば、転職可能です。



ビジネススクール ビズデジ



以上が自衛隊からIT業界へ転職し、自衛官からプログラマーやデザイナーになる方法になります。未経験だからと諦めず、ぜひIT業界への転職を目指してみてください。

関連記事

  1. 【自衛官の転職】支援サイトのまとめ

  2. 【退職前必読】元自衛官が学んだ転職のコツ

  3. 【中卒・高卒必見】自衛官からの転職実情と未経験歓迎の転職先

  4. 【自衛官歓迎】転職しても経験を活かせる職種の求人!

  5. 【自衛官からの転職】キャリアブランディング転職術

  6. 自衛隊看護師も問題なく転職できます。

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。