稲増祐希:カフェ開店実現への第一歩を踏み出した


「くらしと仕事」のサイトはこちら


【複業事例】生駒市 公務員の副業解禁から1年 前のページ

【複業事例】広がる副業 ボーナス減の冬・・・空いた時間を有効に【Nスタ】次のページ

関連記事

  1. 活躍中のパラレルワーカー

    逸見峻介 :公立高校教員・ワークショップデザイナー

    高校 地歴科教員・ワークショップデザイナー。「人間っていいな!面白いな…

  2. 活躍中のパラレルワーカー

    小田真理子:新規事業開発 、ネットビジネスディレクター 、ITコンサルタント

    将来的に働く女性向けサービスを立ち上げたいという目標があり、その目業に…

  3. 活躍中のパラレルワーカー

    山崎 俊彦:仕事(主業・パラレルワーク)・家庭・趣味を一本の線で繋ぐ。

    今行なってる事業を長く続け、また新たな切り口で ペット関連の事業にも挑…

  4. 活躍中のパラレルワーカー

    潮田沙弥:複業での出会いを通して多様性を学び、本業にもフィードバックできた

    2018年4月4日、ランサーズは『進化するフリーランスの未来 ~フリー…

  5. 活躍中のパラレルワーカー

    複業家・ポートフォリオワーカーの中村龍太氏

    複業家/ポートフォリオワーカーとしてマスコミからも注目度が高い、中村龍…

  6. 活躍中のパラレルワーカー

    金井塚悠生:障害者雇用×副業で広げる働き方

    発達障害のあるお子様のための教室を運営する会社に障害者雇用枠で勤務しな…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP