株式会社極洋の代表取締役会長 今井賢司の経歴を分析

株式会社極洋は2019年5月10日、6月26日付で代表取締役社長に井上誠専務が就くと発表した。今井賢司社長は代表取締役会長に就任。多田久樹代表取締役会長は退任する。10日の取締役会で決議。6月26日の定時株主総会、その後の取締役会で正式決定する。

今井賢司氏の経歴

今井賢司氏(いまい・けんじ)1950年2月13日生まれ。72年3月、東京水産大学(現東京海洋大学)卒業、同4月同社入社。2000年仙台支社長、04年大阪支社長、06年取締役大阪支社長、08年常務取締役水産加工第1部長、10年専務取締役、14年代表取締役専務 16年代表取締役社長

近年の話題のニュース:極洋、水産商事と食品事業の利益額を3年後同等に

極洋は14日、東京都港区の同本社で年末記者会見を開いた。この中で今井賢司社長は、現在7対3の水産商事事業と食品事業との利益額の比率を3年後に同等にする目標を明かした。

直系工場の製品を拡販し、生産性を高めることで収益を積み上げる「真のメーカーとしての食品事業を作る」と強調した。塩釜工場は採算ラインの年間5,400tを今期大幅に上回る見通しで、来期は7,000tが視野入る。カニカマのキョクヨーフーズ(愛媛)も7億円ほど投資して現在の5,000tから7,000tに生産ライン増強を図る計画だ。

今井社長は次期中計について説明した中で「方向性としては、まず事業バランスの均衡だ。水産商事の収益への依存度が高いが、早期に食品事業の収益力を高め、水産商事に肩を並べる程度に拡大することが重要課題だ」と強調した。
(引用:極洋、水産商事と食品事業の利益額を3年後同等に 今井賢司会長「真のメーカーとしての食品事業をつくる


年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】


株式会社極洋の代表取締役社長は井上誠氏の経歴を分析前のページ

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 代表取締役社長 中村悟氏の経歴を分析次のページ

関連記事

  1. 東証一部上場企業の社長

    【経歴の分析】しまむら、鈴木誠氏が社長、そして北島常好氏は会長へ

    しまむら次期社長に鈴木取締役 新体制で業績回復めざすし、北島常好氏は…

  2. 東証一部上場企業の社長

    【経歴の分析】エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)社長に荒木直也氏が昇格

    エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは5日、鈴木篤社長(63)が…

  3. 東証一部上場企業の社長

    【経歴の分析】50歳のローソン社長、竹増貞信さん

    ローソン社長、竹増貞信さんの経歴大阪府池田市の出身で、大阪教育大学…

  4. 東証一部上場企業の社長

    【経歴の分析】りそなホールディングス、南昌宏取締役を4月1日付で社長に昇格

    りそなホールディングス (HD)は28日までに、旧埼玉銀行出身の南…

  5. 東証一部上場企業の社長

    【経歴の分析】TBSホールディングス 代表取締役社長 佐々木卓 氏

    2018年就任 【新社長】 TBSホールディングス 佐々木卓氏佐々…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP