発達障害がある人の転職に必要なキャリプラン

何の為の転職なのか

「不満がある」は転職理由になりません。最近は就業中の方が”将来”の転職相談をする人が多くなっています。「”将来”の」というのは、相談者は現在の職場に不満があり、何らかのネガティブな理由から現状を変えたいとは思っているものの、自分自身のキャリアプランが明確に描けていない、ということとのことです。

そのため、具体的な転職相談には至らず、現在の自分の状況を嘆き、現状から脱出するためにキャリアチャレンジをしたいと思うのです。

それは「○○が好き」という好奇心に応じて職業を選んでいるに過ぎません。「会社に不満がある」というようなネガティブな理由から転職しようとしても、これといった能力がない場合は、面接でも成功しないでしょう。

現在の自分を変え、年齢に応じた経験を積んでからでなければ、転職活動を始めるための土壌にすら立っていないのです。転職を考える前に、自分の意識と行動を変えることが始める必要があるでしょう。
自分にはどのような職業が向いているか?と尋ねる方も少なくありませんが、向いているかどうかを決める前に、その仕事は自分にとって得意なものかどうか、自分にできることなのかを確認する必要があります。

「評価されない」も転職理由にならない。

発達障害のある人が新卒で企業に入社した際、最初の担当業務が適正に合わず、短い期間に異動を繰り返す人がいます。職場の環境や実際の業務。個人によっても異なるでしょうが、適性に合わずうまくいかない職種は営業職や営業事務など、コミュニケーションや臨機応援さ、あるいはスピードを求められる場合に多いようです。

そのような経験を持つ人に話を聞くと、毎日の仕事をこなすだけで精一杯で、主体的に業務に取り組めていないように見受けられます。転職の際に有利なる業務経験(事務経験や経理、パソコンスキルなど)について質問しても、はっきりした回答が得られません。

職場で評価を得られないのは、現在の業務に対し前向きに取り組めていないからです。業務がこなせないという理由で転職しようとしても、うまくいくはずはありません。少なくとも現在の職場で努力し、仕事ぶりについて評価を得られるようになってから、転職をするのがベストです。現在の職場で評価を得られるようになれば、転職したいという気持ちは失せているのではないでしょうか。

転職への助走

・資格の取得

現在の職場で、上司からキャリアアップのために資格取得を勧められたが、終業後や週末に講習に通うだけでもしんどくて、勉強に身が入らないという人がいます。発達障害のある人の中には、自分がやりたいことにはとことん熱中しますが、周りからやるように指示されたことには熱が入らないというタイプの人も少なくありません。

さらには、勉強しなくてはという気持ちが強く、健康管理が不十分であるにもかかわらず無理して講習に通い、体調を悪化させてしまう人がいます。気持ちが先走り、体力を消耗してしまい、本来の業務に影響を与えてしまうようでは本末転倒です。

会社の業務をこなしながら、帰宅後や週末の時間を利用し、コツコツと勉強を続け、半年から数年のスパンで目標到達を目指して努力していくのがよいと思います。

・持っておくべきスキル

転職するのであれば、自分は前職でどのような業務に携わり、今後は何をしていきたいのか、どのような能力やスキルでその企業に貢献したいのかを面接でしっかりアピールする必要があります。

その際、一つの資格。スキルに頼るのはよくありません。誰にでも得意なことはいくつかあるはずです。その複数ある特技を活用できれば、活躍できる場面が広がります。

自分の特技がない、パソコンは使えるけれど得意というほどではないという人は、パソコンスキルのブラッシュアップから始めてみてはいかがでしょうか。企業で長く仕事を続けるにせよ、他の分野に転向するにせよ、パソコン操作に優れていて困ることはありません。

業務で必要となる資料には、月報や会議で配布するレジュメなどさまざまなありますが、業務資料を正確に、早くパソコンで作成できることはスキルになります。職場では特にEXCELを使用しますので、四則演算、セルの書式設定、表・グラフ作成、SUM関数、AVERAGE関数、IF関数、VLOOKUP関数、ピポットテーブルなどは習得しることが必要です。

企業での就業経験がある人は、漠然と自分の仕事をこなしているだけではなく、周囲の先輩社員の仕事ぶりを観察し、どのようなスキルが必要とされているかのか、どのように業務を進められているかを知り、求められる役割を見つけておくとよい。


発達障害の人の転職ノート









関連記事

  1. 発達障害でも転職したいと考える人は多い

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。